見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
すなわち、人の生きるという道はそれぞれの内に在りて
外には無いものである
よろしい…答えを欲しいというのであればそれは
必要なときに届けられもしようぞ
だがしかし、本来皆問うとき
そこにすでに答えはあるものじゃ…
後押しが欲しいだけに過ぎぬ
迷い迷いてくる人の内を見よ
多くはすでに答えを持ち、それに至るまでの経過を知りたがる
それだけのことじゃ…

生き道は難しく、見えぬものだからよいのじゃ
先まで知っておれば、かえって人は進めぬようになるものゆえ
見えぬこともまた幸となる

苦しみ、痛み、喜び、悲しみを通して人は何を己に問うのかじゃ…
感情に振り回されることなど簡単なことじゃ
己でよくも知っておろうな…

感情は時に理性的な判断や、心の真の意思を見えなくさせてしまう
時にはそれもよかろう、人であるゆえ
しかし、いつもそうであってはならぬのもまた人ゆえじゃ
感情は整え、
心の中を見やすくするために己をのぞき見る反応の一つとして大切にし、
そこを糸口として己を見つける手だてとすればよい。
自分で自身の本当の気持ちが分からぬゆえに
人は思いや感情に振り回され、ときに大事であった道を失う

さてさて、そちは何を見つけたのかということよ…
まだ向き合いきれてはおらぬ
己というものは過信することもなく、卑下するものでもなく
ありのままである

ありのままというのは現状を肯定し、
そこから何をはじめられるのか、そこに価値があり
肯定する理由がある
ありのまま、ありのまま、このままで良いという意味とは異なるものじゃ
その言葉の意味を再び考えるとよい…

Comment

 秘密にする

勉強になりました。しかしまだ腑に落とせてないようです
ありがとうございました^^
(`。・・。) | URL | 2010/04/17/Sat 16:16[EDIT]
個人的なメッセージでしたので、参考になるかあれですが
よろしければ。
紫音 | URL | 2010/04/17/Sat 21:27[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.