見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天照大神
人間の魂が修行を必要とし、学ぶのはなぜか
なぜはじめから修行を必要とする状態で誕生するのか、について


人さまざまな道のり、焦ることはない
一人ひとり異なった道を歩み
たどり着くところは一つにほかならぬ

人がこの魂で在り、そして修行を続けておるのはひとつ
学んだことを積み重ね、積み重ねて今後の行方を残すことじゃ

この有様をなげくものもあろうが
この様とてあるがままの結果に過ぎぬ…
人が残した多くの結果はそのまま神界へ繋がり
我ら神界もまたその結果を得て、実りとする
人と神との繋がりは、神と源の繋がるともなる…
数多の魂が経験し、学ぶ行程が大切なのだ
学ばずして高みはなく、高みはまた経験を求めるもの
人と神との関係は年増しに消えたが
関係性そのものは無くならぬ…
人が常に見られておるというのは真じゃ…
高みから地上に落ちた一滴の魂がそなたらよ…
人が神の子とは申すもの
一人ひとりの力は弱くとも、集まりともなればその結果は大きい
常に上を目指し、何を得るかじゃ…
伸びゆく若木のようであれ
そうして尚、この地にある己の存在を考えるのじゃ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.