見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

怖い経験したことある?
さんざん、ブログで霊との遭遇などをかいてみるものの
実際に心から怖いと思ったことというのはない。

思いかえせば、一人鬼ごっこのまとめを読んだときが
もしかして恐怖MAXだったかもしれない。
仕組みを考えた存在も怪しかったし
気軽に行った人たちが次々に怪奇に襲われたのも凄かった。
あの手の話は、結構ネタも多いのだけどアレはガチだった。
ああいうのを流行らせた人の狙いそのものが怖い話。

そんな私もやっと最近、霊体験っぽい霊体験をした。笑
これは相手がどんな存在か、なにが理由か
一切言ってはいけないので、実際に起こったことだけ…

以下、恐がりな方は飛ばしてください。
まあ、別に怖くもないですけど。


ある朝方、目が覚めると
部屋の中の空気がおかしかった。
再び寝ようにも寝られず、しばし警戒していた。

しかし、仕事もあるので、睡眠はとるべし…と寝ようとしたとき。

いきなり足下から布団を勢いよく引っ張られ、
ついでに自分も引きずられる。

何なに?とびっくりしたまま
上半身だけ起き上がって、様子を見ようとした瞬間

部屋の中のすべてのものが凄い勢いで振動
まるで震度6といいたくなるぐらいの大地震?

上半身だけ起き上がったものの、
もうそれ以上起き上がれなくなった。

自分の体もひどく揺さぶられており、まったく立てない…


しかし、この地震は、感覚付きの幻覚だろうと…
おそらく布団を引っ張ったやつがなにかしている。

「ふざけんじゃねえぞ!!!」と叫んだ瞬間

その地震は終わり、立ち上がれるようになった。
生々しい揺れの感覚は残ってるけど。
最初は、本当の地震と見分けがつかないぐらいだった。

部屋の鬼門に立っていた真っ黒な人物…
それは再びベッドの足下へ移動し、なにかしようとしているらしい。

一瞬、斬ってやろうと思ったものの
やってはいけない相手だと分かっているので、我慢
首根っこを掴んで警告を入れ、外に出した。


全くもって、ビックリした。
まるでハトが豆鉄砲くらったようなビックリ感。笑
こういう霊体験って話に聞くと怖いけれど
自分で経験すると、こういう感じ

( ゚д゚)・・・・。

 ▼

( ゚д゚)・・・・。

 ▼

(^∀^)ゲラゲラ

 ▼

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!

ダメだ、ワクワクしちゃって
最終的には、“いや~、珍しい体験しちゃったよ~”で終わった。


本当に怖い体験って、一体なんだろうか?と思う時がある。
死の淵もかいま見たこともある。
霊との遭遇もした。
でも、一体なにが怖いというんだろう。

恐怖そのものが、最大の恐怖というのは
いつか聞いたことがあるのだが、たぶんソレなんだろう。

Comment

 秘密にする

古い物にコメ入れてすみません。<(_ _)>何度も読んでみてやっと見に行きました。
勉強勉強と思ったのですが...,画面はチラするし,寒い風が吹くし,肩凝るし
耳鳴りまで,途中で読むのを辞めました。
私にとっての恐怖は「得体の知れないもの」なのかも知れません。
魔術としては黒い方の物のようですね。先生のように除霊出来ない者は,
関わらない方が身のためと思いました。
他のサイトと比べると,出ている波動というか感じが明るくない,そう感じました。
熟睡出来たのは,神社のお水を枕元に,水晶のペンデュラムを枕の下に。
見なくて良かった♪
ぼたん櫻 | URL | 2010/02/19/Fri 20:23[EDIT]
ええ、あれは見ないほうがいいですよ。笑

それにしてもこの記事の体験は面白かったです。
あんな立派な霊体験もうできないでしょうねえ
紫音 | URL | 2010/02/19/Fri 20:30[EDIT]
体脱しても振動があるらしいですが...。
守護の方々が護って下さっているのがわかりました。<(_ _)>

面白かったのですか??もし出たら,まで考えてしまいました。(泣)

以前に見たことのあるものでは,寒気がしなかった正座をしていたおばあちゃんは守護の方で,寒気がした出そうな所のは自縛霊のような気がします。
ほとんど見えない人で良かったです。

魔術や呪が効力を発揮すること,夜の方が霊的なものの働きが強いこと,
イヤと言うほどわかりました,もう充分です。

来てくれるかどうかはわかりませんが,大きい天使さま,暖かく見守って下さっている
守護の方に今晩も御願いしてから眠ろうと思います。
ぼたん櫻 | URL | 2010/02/19/Fri 21:11[EDIT]
なぜ夜のほうが出やすいのかを考えてみると
人間の意思や念の強さを考える機会にもなると思いますよ
紫音 | URL | 2010/02/20/Sat 21:07[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.