見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

アメノミナカヌシ
さよう、さよう…ほほほ
うぬ、よいぞな
しかる時、しかるべき場所におるのであれば
度々困難なこともあろうな…
それをどう見るか…
逃げるか、向き合うか、そのものの器が決め手となるものじゃ…
人のために悩むというのは、ゆくゆくは自分のためになるもの
悩んで道を拓けと申すぞ、ほほほ

この世の行く末、先々まで見られるものはおらん
どういう道を取ろうとそれは、そのものが選んだことであり
人がどうこうと言うことであってはならんのじゃ…

だが、しかし明らかに誤った道をゆくと申せば
時にこのような見直しも必要となろうな

人のため、人のためと言うものほど
実は自分のためを思う。
人にどう見られておるか、気になって仕方ない所以じゃ
真、人のためと思うのであれば
しかるとき、本人に考えさせることもまた必要。

このままでよかろう…どのような結論を出すか
本人に委ね、どう立ち上がるか見守るのじゃな…
本気は人を変えるが
本気でないものは、人に頼ることしか考えぬ
それを知るよき機会にもなろう、それはそれでよい

後は己自身の生活を見直し
今後の自身についてより考えることじゃな、ほほほ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.