見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国時代の生活
普段、うちのテレビは映画再生専門と化している。
映画と海外ドラマ以外は、朝のニュースと天気予報ぐらいしか見ない。

しかし、先日DVDを取り出そうとしているときに
切り替えの画面で写ったのが、戦国時代の生活の番組
草ナギ氏が、24時間戦国時代の生活をするという趣旨で
ちょうどはじまったところだった。

こういう番組は、過去生リーディングのヒントになったりするので
一応見てみることに。
その時代の風俗を知らないと、言葉で説明できないときがあったりするのだ。
一言で済むものを、延々と書くことになる。
また、見て意味のわからない場面は、言い表し様がないのでカットしてしまうときがある。


…ここでだんだんウキウキしてくる守護霊がひとり…


農作業で疲労し、だらしなく座り込む草ナギ氏に

お「軟弱ね~、軟弱。軟弱~」

どこかできいたフレーズだと思ったら、
それは夕べ私が全力で笑い転げたジョジョの奇妙な冒険の中のセリフ
「貧弱、貧弱!」のパクリですね。

私「貧弱のパクリ?」

お「オホホホ」

守護霊さんは、生きてる人間の口ぐせをマネしたりして
冗談かますときがあります。
守護霊さんの人柄次第かと思いますが、マジです。



そして薪割りでは…
なかなかうまく割れないフシの入った薪について

お「節の入った薪は、なかなか真っ直ぐに割れないのよ~」



火起こしに苦労する氏に…

お「昔はホント大変だったのよ」



明らかにガン見しているので、チャンネルをまわせない。
アクオスを超えた、うちのウルトラガイド憑きテレビ。笑

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。