見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須佐之男命
『はっはっは、まあよかろう
 過信はならぬが、
 慎重さもほどほどに己なりの確信の持てるまでは試すことじゃな…』

「今日、お話させていただいてもよろしいでしょうか?」

『うぬ』

「なんとなく…や、誰かに言われたから…ではなく
 本人が覚悟や決意を持つこと
 それは大事なことなんだな、と今週考えました
 とくに今年はあいまいであったものが振り分けられて明確になっている
 そう思っています」

『さようじゃ…
 灰はあるもの、灰は灰としてあるがままでもよかろうが
 人が人として生き残るかぎりにおいては明確になる…
 人自身が本人も知らぬところで、己がどうすべきか
 白黒決めておるのじゃ…
 従ってこれまでなんとなく…仕方なしに…と
 言い訳を持って続けてきたことの多くは
 本人自身の手によってどんどんどんどん明確になるだろうな
 選択を迫られるとき、この世界の中では
 しがらみ、己の欲得、利益で判断し、
 真の答えは見いだせぬ
 しかし、本来そのものの自身はよく知っておるのじゃ…
 その声に動かされ、物事や社会は否応なく変化を強いられる
 なにもこのままの世界が続くというわけも保証もない
 同じ今日が続くと思うのは人のエゴじゃ
 よいか…人はそれぞれが自身の声に従って己の身の振り方を考える
 それが分かっていようといまいと、そのような規準で考えられることではない
 いよいよ明確になってゆくとて
 それがどう転ぼうと、その者の選択の結果である…
 ある者たちは全ての人がよりよい方向へ進めるよう
 手を貸すのをよしとするであろう
 しかし、人は人の学びというものがある
 失敗とて、人の財産になりえるのじゃ…
 精神世界においては、全ての人々を救う、よい方向へと…と言う
 これはかまわぬ
 しかし人が選択することの自由は自由
 それを見定めねば、社会そのものの循環がうまくゆくまい
 白黒あって、様々なものあってのこの世界じゃ…
 成り立ちからしてすでに多種多様
 そう広い目で人間社会そのものを見渡せばよいのじゃ
 みな異なり違う選択をする
 画一的な思想は必要であるのかじゃ…
 それを今の精神世界に危惧することである』

「確かに画一的な思想、言い訳が
 どこか宗教の構造に似ていると思っていました」

『はじめのうちは皆そうであるな
 宗教とて、それが何であるのかじゃ…
 思想、教学、体系、制度そのものじゃ
 真、この世界の様相は人には全て理解できぬ…
 ゆえに完全なる思想を携えた宗教も存在しないことになる
 ひとつの教義や思想にとらわれてしまうと
 人は可能性をなくすのじゃ…
 限りなどなかった
 限っておるのは、人自身、己のうちの考えとなる
 この世界の中ではとくに固定観念を捨て自由に広い目で
 常に全体を見ることが求められる
 それがそちへのはなむけの言葉じゃ…』

「今日はありがとうございました」

Comment

 秘密にする

私の使命
昨日の日記を読み「私も自分の指名探しをしていたなぁ~」と気づきました。
「受身でいるより、自分からやりたいことを宣言してしまおう!」と思い宣言したら
今日、子どもの頃の私には その能力があったことを思い出しました♪

やっぱり決意は必要だったんですね^^v



花精 | URL | 2009/06/27/Sat 20:47[EDIT]
今日の私の使命は、実家の母にピロシキを届けることです
というメールをさきほど受信したところです。笑
重く考えずとも楽しんでやっていけて、
それを周囲に還元できれば、それが使命になると思います。
紫音 | URL | 2009/06/27/Sat 22:24[EDIT]
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。