見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

小学校六年生から
大人になって、自分に霊感があると知ったとき
思い出してきたのは子供の頃のこと。
小学校六年は、霊感少女と友人になった年であり、
そして思い起こす限り、この年から色々と始まった感じがある。

六年生になった年、私はいわゆる成長期というやつで
年間で14センチも背が伸びたり
急に天然パーマになったりと身体的にも変化があったのだが
黒い影だけの人影も見るようになった。

部屋で机に向かっていると、右側の窓の外を
たまに人影がよぎった。

人影といっても交通標識のような単純な感じのシルエットで
黒いぼやけた影にしか見えなかった。
それがよぎると
「おじさんが通過した」となんとなく思っていたのだ。
もちろん、影だけでは判定できない。分かるというのだろうか…。

その影は、必ず目の隅でしかとらえられない。
正面からでは見ることはなかった。

しかし、霊感のない人間が霊を見るわけはないという理由で
すべて気のせいにしていた。

これは大人になった今でもときおりある。

中学から高校にかけては、夜におかしなことが起きた。
金縛りではないのだが、悪夢にうなされて深夜に目を覚ますと、
絶対にベッドの右、足下に3人の人間がいる…
という風に確信があるのに、肉眼では見えない。
そんなことが続いた。

そして、3日とか一週間続けて、決まって深夜3時ぴったりに目を覚ますことも。
そういったことは日常になっていった。

それらはまったく普通のことで、睡眠の波が展開するミラクルだと…
信じていた。

またマークシート式の試験だけが異常に点数が良かったり
選択式の入社試験がほぼ全問正解だったりと、感だけはよかった。
正直、入社試験の問題なんて一問も解けず(時事問題)
全部、感で適当にチェックしていた。
六大学出身の人でも壊滅的だったその試験問題を
美術系短大出の自分が一問以外全て正解した、というのが採用の理由だった。

また仕事も感で選んでいたため、
前の会社では入社以来はじめての「徹夜未経験者」になった…
ヤバくない方の仕事を、いつも選択していたのだ。
それでも売上は良かった。

30歳をすぎて、霊感があると分かったときは正直びっくりしたが、
もしかして私のように気がついてないだけの人が
世の中には結構いるのかもしれない。

Comment

 秘密にする

夜中にうなされて霊の気配…そんな時はサンダルフォンを呼べば消えてくれるのでしょうか?
もう肉体がないにしても許可なく他人の家に上がりこむなんて礼儀知らずだと思うんですよね。一度だけはっきりとビジョンで飛び込んできて正直恐ろしくてブルブルしていたのですが、今となっては説教したい気持ちです(笑)
maru | URL | 2009/06/16/Tue 19:32[EDIT]
そうですねえ。この頃は、霊という認識がなかったので放置だったんですが
昨年、サンダルフォンと契約?というかガイドになってからは
なんとかしてくれます。
消すというより、あるべき場所へ戻すに近かったです。
最近は、家にもあんまり来ませんねえ。
誰を呼ぶかは、個人個人で変わると思います。はい。
紫音 | URL | 2009/06/16/Tue 19:51[EDIT]
カブラフフ
こんにちはです。
黒い影とはまったく逆の、白い煙の塊みたいなものも霊の類でしょうか?
はて?なんでこんなところに白い煙??と思って見てると、煙なら空気の
流れで形を変えていくと思うんですが、ソレは散らばる訳でも薄くなる訳でも
ない・・・。かといって何かの形をしてるわけでもない・・・そんなものを2回ほど
見たことがあります。
とりあえず、おいら疲れてるんだな・・・と全く気にしてないんですが、なんとなく
質問してしまいました。
| URL | 2009/06/17/Wed 15:22[EDIT]
ん~。場所と状況がわからないとちょっと難しいですね
色々あるんですよ。
エネルギーか否か、そうだとしても霊とは限らずですし
妖怪かもしれないし、天使かもしれないし。
紫音 | URL | 2009/06/17/Wed 16:10[EDIT]
昔、本気で自棄で仙人になる気で修行していた頃(笑
黒い人影見てましたけど、霊とか以前にメチャクチャ怖かったです。
それ以来、独学でやるのが危険と知ってやめましたが(汗
みーくん | URL | 2009/06/17/Wed 17:01[EDIT]
>みーくんさん
人間極限に近づくと、簡単に霊とか見れるらしいですね
ご飯を茶碗一杯にして、相当に質素な暮らしをした人が申しておりました
感覚が異様にとぎすまされるとか。

その熱意を他に向けてください。笑
紫音 | URL | 2009/06/17/Wed 19:06[EDIT]
なにを焦ってたのかタイトルに名前入れてました・・・スミマセン。
白い煙・・・1回目は道路わきの街頭脇の高さ2m位の所に
浮いてるのを、車内から発見。思わず二度見Σ(゜□゜ノ)ノ
2回目は仕事中(デスクワーク)、斜め前の席の方からビューンと
飛んできて私の右肩上を通過していった・・・。
やっぱ疲れてたのかも・・・orz
ちなみに、フラッシュのような光(丸い)もたまに見ます。
これは目の隅でしか見えないんすけど。
最近、目の端でピカッと発見して、ふっと見たら
その光があった所ら辺を、小さい羽毛の様な羽が1個
フワフワ・・・。まさか天使って事はないっすよね???

霊感の類はまったくナッシングです。
カブラフフ | URL | 2009/06/17/Wed 21:56[EDIT]
ん…状況によるものですから
気にされないのがいいでしょうね
そういうのは時折あるものですよ
紫音 | URL | 2009/06/17/Wed 22:38[EDIT]
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.