見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

戻ってから
その日、気分転換にちょっと一杯やって家の仕事を片付けるうち
夕刻になった。

どうも…こう…自分でものを考えている途中で
よく会話が挟まる。

「なによ?」

アレ?さっき上で一緒にいたもう一人の天使が
なぜ、今この私の家にいるんだよ…

「まだ疑ってるようだね。笑」

どうしてもまだなにか話したいことがあるらしく
早く早くとせっつかれるように会話の体勢へ…

-----------------------------------------------------------------------------------

貴方が信じようと、信じまいと、それは変わらない
ただひとつ、この統合の時代において
貴方自身が何者であったのか、その本質を知るべき時期が来たよ

貴方の仕事が導き手であることと同時に
道がわからなくなった人々の案内役でもあるんだよ

では、なぜそのような仕事を自ら選んできているのだろうか
人に奉仕する、間違った道へ行きそうな人を見ると
いてもたってもいらず、それを回避しようとする
それが、時に君制的になってしまっても
そうせずにはいられない。

さて、それはなぜなのか考えたことはあるかい?
私たち天使たちがこの世界に深く関わり、
人々、自然、動物たち…そういったあらゆるものを
無償で助けたいと願うのはおかしいことだろうか?
…いやそれはもう君は受け入れているだろうね

でもなぜ自分がそういう仕事をしているのか
さっぱり分からないから
いとも簡単に放棄しようとする。

ここで問題だよ
そういう魂の傾向が人によりあるのは知っているだろう?
犯罪をおかす魂が、ほかの場所から送られてきた魂の転生であったり。
全てではないけれど、一部ではあるからね

なぜを自分に置き換えてみてごらん
よほど、嫌なようだけど、君は天使という存在を受け入れているのに
なぜか、人の魂の中に残る、その同じ魂があることには無関心すぎる
私がさきほど、「私の魂の一部を持つ」と言ったように
それは自然なことであって、特別ではない
まだ気がついていないだけで、多くの人がそうであるように。
だから自分がおかしいのでも、特別なのでもなく
ありのままを認めるということだ
なぜ、今、この話をするかというとね
こういう仕事をしてきた自身の人生の転機を迎えた今
自分の波動が変わってきたのがわかるだろうか?

魂の本質に近づく
または、ハイヤーセルフに近づくという人もいるけどね。
いずれにしても自身が、何者であったかを知り
そして、確実に自身が変化しているということをはっきりと知り、
自信を持ってほしいんだよ
悲観的とは聞いているけれど、結構な悲観主義だね、君は。笑

自分に自信を持ち、自分の望むように未来を手中にすること
それが、今にもできるところにいるというのに諦めることはない
限界など持たなかった本質を思い出して欲しいんだよ
今なら、惑わされることなく聞けそうだったからね
私たちや自分を信頼するということ…
それが鍵となり、君の人生は変わるだろう


「気が済むまで居て、それから帰るよ」

ほがらかに言って、通信終了
なんだかよくしゃべる。

Comment

 秘密にする

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.