見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天使がきました。3
おおざっぱに言われていても
私には何のことだか、とてもよく分かる。
以前、ヒプノセラピーでインナーチャイルドに関する癒しは受けた。
また2年がかりでようやく昇華できたことも
最近のブログに書いた。

今回は別のことなのだ。

私がかつて行こうとしていた道をルートAとすると、
そこが通行止めになっていて
どうやってもそこを通ることができずに絶望して
人生の数年を、まるで廃人のように過ごし、棒に振ったことがある。
今は、前向きにルートBを自分で開拓し、
通行止めになっていた道を回避して進もうとしてたところだ。
ただ、そのルートも困難すぎて
すでに“本当に抜けきれるのか”疑問はあった。

ジョフィエルは、そのルートBは間違いであるという。
ルートBは破棄して、ルートAを抜ける方法を考えようというのだ。

私が廃人同様に暮らしていたことなんか知らないくせに
簡単に言うなと、軽くイラついた。
心の傷をわざわざ開封しにきた天使だ。

でもそれでも、なんとなく変えなくてはいけない時期なのは分かる。

ここ数週間、実は部屋の中の不要品を片っ端から
各ボランティア団体に寄付したり
ブランド衣料をオークションで売って、送料に充てたり
急に、使わなくなった石の引き取り先を探したり
自分でも、急激にこれまで自分の生活を変えるべく
なにかしているような気がしているのはわかっていた。
衣類はとくに酷くて、これまで着ていたものがなにもかも
好みではないような感覚になり、ばっさりとボランティアへ送ったのだ。

そんなこんなを思い出しつつ、ぼそぼそと会話を続けてみる。
色々と明らかになってきていた。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.