見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

豊受の神
『そちの日々、これから先もこれまで同様に
 己を振り返り、そして成長するためのものぞ
 生きる上での己を希望と本来の目的が異なるとて
 あきらめることもなかろう

 本来の自分とは、そちもよく知っておろう
 己の人生の目的や計画を知り
 促すものじゃなあ

 人の多くは、本来の自分より遠ざかり
 ますます本来のなすべき計画より遠くなってしまうものよ
 その差を埋める手だてとなるのが、
 本来の自分、高みにおる源へ戻った己自身との対話となる

 その両者の方向性の重なり、きちんと見定まらぬうちは
 人は現実の生活の中で、目先の幸せだのなんだのに翻弄される

 まず、己自身の計画とは何であったのか
 真摯に考えてみることじゃ…

 それを本気で腹に据えることができれば
 現実の生活で、あれがうまくいかぬ、これが手に入らぬと嘆くこともない
 すべて、己自身で決めたことの一環であるからじゃな

 人の不平不満はうまく生かせねば
 いたずらに人をおとしめることにもなりかねぬ
 しかしとて、それを励みに精進するものは
 元の計画以上の功績を残すこともできうるはずじゃ

 人の人生とは、ゆとりを持って計画されておるもの
 それ以上に成すか、計画半ばで打ち終わるのか
 そのもの次第じゃ…
 そちもいずれ、己自身で選ぶとよい…』


「自分を信頼するというのは難しいことですね」


『自分自身が何者であったのか
 よくよく理解できれば無限であったものを。
 人らの良きところは、
 制限を超えて大きくなれる見通しを持つものもおるということじゃ
 それらはやがて、還元され
 他の者へも大きく影響を与えることとなる』


「現実に不満があるとき
 本来の計画を見直すこともやはり必要ということでしょうかね…」


『然り
 そのもの内にすべては眠るものじゃ…
 本来の自分を知る手だては、日々己のしたこと
 考えたことを振り返り、反省することからじゃ

 世に、高みにおる己自身と対話したいというもの多かろう…
 まず、己の内側を見ることからじゃな
 器のないものに、ある日突然言葉が下りることなど勘違いなのじゃ…
 器を作るのも作らぬのも己自身
 高次のものとの対話なぞ、本来は不要なのじゃ…
 ゆえにそのような見てくれだけにこだわることなく
 日々、自らの努力で己を高める姿勢を持つことじゃ…
 自身でと思えば、何者やにだまされることもなかろうよ』

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.