見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

【自分ウェイクアップ】日本の神様2
1月も2週目に入ったころ、なんとな~く
私も初詣というのに、行ってみようとおもいたった。
実はこれまでの人生で経験がない。観光でしか行ったことがない神社。

たまたまよそさまのブログで都内のよさげな神社が載っていたので
そこに行こうかな、と思い検討。
赤坂の日枝神社は、セッションルームの近くにあり、
いつも見ているので場所はわかる。でも乗換が面倒。
虎ノ門の神社は地理的に馴染みがない
飯田橋の東京大神宮は、はじめて知ったが会社からそう遠くもないし
なんとなく気になったので、早速ググって地図を印刷。
ここで、仕事がいそがしくなり虎ノ門のことは忘れていた。

12日「よし初詣だ!」と思いつつのあまりの寒さに断念
13日「よし初詣を今日こそ!」と思いつつ、ちょっとメールチェックしてからいくか

あら?メールだわ
「地元の神社に参拝して○○○と○○○を受け取ってきて下さい」

ぬお?これを読まずに行ったら、初詣意味なしだったわ…
とりあえず、赤坂か地図を用意した飯田橋にしようと思いつつ
決めずに電車に乗った。

やっぱ飯田橋にした。

そこで、まだ参拝客の多い神社にお参りして受け取ってきた。
作法も知らないので、うっかり鳥居をくぐらずに
横から入ってしまった。手も洗うのを忘れた。

本当はお参りの後は、そのまま家に帰ること、
なんていう話も聞いたことがあるのに…(出所不明。個々で調査よろ)
秋葉原で、ぶっこわれた電子レンジを買い換えてみた。

その日、受け取ったもの(3次元のものではない)の概観をみて
祭神と一緒にご連絡。
その繋ぎをいただいた方を教えてもらった。

早速、チャネリング…
「豊受の神さま、いらっしゃいますか?」
『聞こえるか?』
「はい」
『そなたにはわらわの声は不慣れであろうの』
「はじめまして」
『まず、我等の国の神々に挨拶する気になったのは嬉しいことじゃ
 いつまでもこのままではおれぬ
 この先も長くなるからの』
「ちゃんと繋がっているのか不安なんですが」
『まずは自分を信じてみい。そなたはまるで自信がないようで
 人の頼みはことわれん』
「えーと、何を質問していいのやら、また緊張してしまいました」
『ますは自分の足もとを固めてからじゃな
 まだまだ知らぬことが多い…
 さて、昨日の○○○は確かに授けたぞ、○○○もな』
「ありがとうございます
 お参りって定期的にするものなのですか?」
『社にくるのは来れるときでいいのじゃ…
 何もそれがなければ繋がらぬということはない
 社に来るというのはほかの目的もあるのじゃ…
 来れるときで構わぬ…』
「そうですが、ずっと行ったことがなかったので…。
 初詣自体もはじめてでした」
『人の子は皆同じよ…我等にとってはな…
 逸れるものおる、我等にはそれほどの違いはないものよ…
 こうして言葉を綴らせるのも、時には必要なことよ…
 神々の存在を知らぬものにとっては
 時として脅威になるやもしれんがの…』
「いつも見られているとなったら
 みんなちょっと思いとどまりますよね(犯罪とか)」
『皆が皆、光であったことは忘れておるわ
 残念なことにな』
「それでは、今日はこのへんでよろしでしょうか?」
『(うなずく)』

なんか電話が遠い…
実は後で知ったのだが、日本の神界は上下関係が厳しく
私のようなものだと、ご本尊ではなく下の神様経由で会話がきている模様
でも、これだけでも充分嬉しいのでした。

Comment

 秘密にする

日本の上下関係というのは3次元だけのことではではなかったのですね・・・。
うふふ | URL | 2008/01/23/Wed 12:39[EDIT]
そ、そういわれてみると、そうですね。笑
紫音 | URL | 2008/01/23/Wed 13:08[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.