見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天鈿女命
『ほほ、わたくしどもの世界におきまして
 人の世の動向いかんにとどまらず
 ありとあらゆる事象を司り、そして観察しておりますもの
 ゆえに人の世界の中で何が起きていましても
 仲介、手出し、そして無為に変更さするなどできぬものです
 日本に神々がおるのに、なぜこのような酷い有様なのかとお思いでしょうかが
 なにも神々が何も思わぬというものではありません。
 しかしながら、私は縁あって貴方の守護する神々との仲立ちとして
 こうして対話する機会を与えましょう
 貴方の目の前の、貴方の人生というものを悲観し、
 何もする気の起きないまま無為に日々を暮らすなぞ
 明らかな過ちなのです。
 何が、今の貴方を進ませているのかよくご存じでしょうね
 今やらねばならないこと、それは機会を逃すと
 いよいよ遠回りになるものです。
 ですから貴方自身のために、自身を磨き、成長し、
 あるべき位置につかねばならないのです。
 そうして、あるべき位置に収まってこそ
 本来の計画通りに物事が動くもの。
 人はみなそうして成長の段階を踏み、
 お互いに影響しながら育つものです。
 嫌な人や自分本意の人もいますでしょう
 しかし、また彼らもそれぞれの成長の段階にいるということ
 全ての人々はその途中であり、
 完成された人なぞ、一人としておりません
 ですから、人同士が一緒に手を取りあうのが必要なのですよ
 神々の世界は人には万能に見えることでしょうが
 実際には手を出さないことも多々ありましょう
 中には畏れ多いと感じる神々もおりましょうし、
 気むずかしいと言われる神々もおります。
 私たちもまた完成形ではないのです。
 人の世の動き、この世界の移り変わる様を見ながら
 学びことも少なからずです。
 あなた方人らの成長を見守るともに、ときにはそっと使いを送り
 そうしてなお、あまりある好機をもたらし
 その機会をきちんと生かし、学ぶことができるか試すものです。
 ようやっと貴方の霧は晴れました。
 扉が開いたということです。
 恐れることなく自分の人生を切り開く努力をなさい』

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.