見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

お遍路さんをしていた時代
最近、自分自身の過去生を見ることをしなくなっていたが、
正月休みに実家にいたときに、
今回の帰省でするべきことに関連して久しぶりに自分の過去生を見ていた。

江戸時代、お遍路さんをしていた時代のこと。

子供をつれて(現世では母親)、ゴールのないお遍路の道のりをひたすら歩く。
10年近くもお遍路をしていたら、ひょっとしてこの時代から
高次の人の声を聞くことがあったのではないか?と思い
当時の気持ちを探っていたら

「どうしてこんなことになってしまったんだろう…」
「疲れた…」

時には、石段に座りこんでしまっている。

どういうわけか、この人のお遍路生活の10年と
今の自分のしんどかった10年は同じ年齢なのではないかと思う。
なんとなく私の長いサイクルがそろそろ終わりそうな感じがする。

過去生で、私はだれの声も聞こえていなかった。
あの心境では聞くどころの話ではないと思う。
じゃあ、なんで今回急にチャネリングができる人になったのだろうと思うと
なぜか、理由は分からないのに核心に近づいたような気が…

過去生の彼女は亡くなるときに、子供を案じる気持ちよりも
「これで楽になれる、やっと終わる」と思っていた。

正月休みに母子関係の見つめ直しをしにいったのだが、
よくよく考えてみれば、
自分のほうが、よっぽど酷いことをしていた。

ごめんよ、ママン

チャネリングの先生が前回のプレアデス人との会話をみて
プレアデス人のアドバイスはいいですね~&親から見た子供という方向からも見てみるといいよ、
とアドバイスしてくれたのだがその通りだった。


そしてこの後、亡くなった彼女の意識を追っていった。
彼女は白砂の路を辿り、
白木の門をくぐった。
私が門を抜けようとすると、左右から×に白木が閉じ
どうしても、中には入れない。
先をゆく彼女の意識の中に、自分の意識を移して辿ろうとしても
門の外にはじかれる。
なんどか繰り返して、ようやく門の中へ入った。
その先には、黒ずんだ木の階段があり、
大きな雛壇のような場所に出る。
最上段には、目に見えないなにかがいる。

生を終えたあと、その人は包み込むように語りかける。
やがて、ふわふわとして大きなものに揺られてるように
気持ちよくなってくると
どんどん、自分のこれまでのことや名前が思い出せなくなってくる…

意識が真っ白になると、彼女はお遍路に出るまえ…
結婚する前の家の縁側でのんびりとしていた。
隣には、とうに亡くなった旦那がいた。

これは死後のことなんだろうか。

Comment

 秘密にする

すごい~お遍路さん!
とても大変そうな過去世ですね・・・
それにしても、なんだってこんなふうに、
みんな苦労することが美徳とされていたんだろうねえ。
女性の苦労はまた、ハンパないですね。
子育てという。だから世代から続く連鎖が絶えない。
つらいことばかりが残ったり。
子どもにつらくあたるのは、自分もあたられていたから。
まったく・・・なんでやねん!
ここらで、悪しき連鎖を断ち切ろう!
そんなふうに思う毎日です~
terumin | URL | 2008/01/09/Wed 13:41[EDIT]
この時代はですね、好きでやっていたんじゃないんですね。笑
逃げてたんですよ。お遍路をしながら…
今生でも、好きで毎日お経なんて読んでいたわけではないのに
毎日読まされていましたねぇ
今となれば笑い話です。

それより、うちの母親、何回かの転生で
いつも母親を早くに亡くしているのが
気の毒でたまらないです。
母親に早くに先立たれて、
接し方がよくわからないんじゃないかと思うときがあります。
紫音 | URL | 2008/01/09/Wed 15:18[EDIT]
そっか~お母様の過去世。
転生まで見えると、また親孝行も変わってきますね!
・・・(すごいです!!!)
うわ~・・・うちの親の過去も絶対すごそ~

私も小さい頃から、父は法華経の話ばかりでした。
でも、むずかしいお経までは読ませませんでしたけど。
宗教研究家だったんで、独学だったんですけどね。
子どもの頃から、いつも祈ってた気がする・・・
でも、今にして思えばありがたい教えばかりなんですよ。
スピリチュアルの本を読むたびに、これもこれも・・・
って法華経の中の話やお釈迦様の話を思い出す・・・
絶対、過去世もお坊さん系だと思いますね、父は。

お母様もよかれと思ってお経を読ませていたんでしょうかねえ。
やっぱり、内容がつかめないと子どもにはむずかしすぎるもんですよね。
でもなんか、お経が読める子どもってすごいですよね~
小さい頃から神様いっぱい回りにいた感じですよね~
terumin | URL | 2008/01/10/Thu 11:09[EDIT]
うちも法華経でした。
読むというより、ひらがなの経本をあって唱えてましたよ
毎朝、と毎夕にね。

たしかに今思えば、大事なこと満載なんですよね
仏教って。
小学生のとき、親友が霊とか神様がよく見える子だったんですけど
後ろに神様がいる!っていってましたね、そういえば。
今、思い出しました。

仏教で覚えたことって役に立ちますね
ハイヤーセルフは十界論でいう仏界だろうし
瞑想で繋がる形のない世界も
九識論を知ってたから、すぐ感覚として理解できたし
まあ、一応役に立ってるのかな。笑
紫音 | URL | 2008/01/10/Thu 11:19[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.