見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おば天ライフ
最近、ホントに残業や休日出勤が多いので
夜、晩酌をしながら、ぐだぐだとおば天と話す機会も若干増えた。

いくら会話が可能といっても、依存チャンはしない方針だ。

会話は必然的に、昔話のおねだりや
愚痴話になってしまう。

そんな中、おば天の語った昔話をかいつまんでメモしておこうと思う。

まずあの性格からして、すでに江戸っ子という感じなのだが
住まいはそれほど都会ではない。
江戸、というと町中の長屋を想像するが、
実際には江戸近郊の町で農家を営んでいた。

人生の中で数回、江戸城を見る機会があったという。
今よりずっと空気がきれいなので、あのあたりに用事があって赴くと
ちゃんと見えていたそうだ。

おば天チャンは…かなり酔ってるときに聞いたのだが…
最初の結婚では、旦那がすぐに亡くなったらしいのだ。
とてもルックスが良かったらしく、いい男だったとは数回聞いた…
その後、再婚で農家に嫁いだ。
農家では4人の子供に恵まれたと言っていた。

最初の家はこじんまりとした、ちょっとぼろ目の武士らしい人の住む家。
再婚先は、豊かな農家(こっちの方が家がかなり大きくて立派)の様子。

意外な人生がこんなところにあったとは…

それにしても、当時を見ようとすると
よく鶏にえさをやってるシーンが出てくる。

その頃が、一番のんびり幸せだった時代なのかな、と
守護されてる私はちょっと思ってみた。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。