見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

10円玉が立ったよ
と、ある火曜日。
毎日毎日が残業で、休日も夜11時頃まで会社に缶詰にされていた。
朝から疲労も絶好調だ。

紫「あ~あ、やってらんないなあ
  毎日、こき使われても残業代は一円も出ないし、キャリアにもならないし
  疲れたなあ…、報われないなぁ…」

電車の中だけでも10回ぐらい愚痴ったと思う。

そして会社へ行く前に、駅前のコンビニで
いつもの水とちょっとしたおやつをゲッツする。
コンビニ店長のおじさんのレジに並んだ。

店長「720円になります」

千円と20円出すと、10円玉が1つ 直立してしまった。
倒れる様子なし

紫 「お、10円玉が…」

店長「ああ、すごいね。倒すの勿体ないね」と言いながらお釣りをくれた。

店を出るときに


店長「今日はきっといい事あるよ」


と言われて、ブルーな疲労の朝がやっと開けて
なんだか元気になってきた。
こういうのは嬉しいものだ。

…と思いながら歩いていると

画像が来る
とってもニコニコしているガイドの天使の画像が来まくる


…。

…。


そうか、その手でおじさんに言わせたんだな…。

紫「そうきたか…。笑」


すっかり元気になった朝でした。
ささやかなサービスありがとう。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.