見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

コノハナサクヤ姫
「こんにちは、コノハナサクヤ姫様でしょうか?」

『ほっーほっほ
 わらわたちの申す事、しかと聞き届けるのじゃ
 きわにおるものも多かろう
 そちが日々見ておる、偽の情報に惑わされるものも多くおる
 混乱を極めるばかりじゃ
 嘆かわしい、それですめばよいがそれだけでおわらんものもおろう、ほほ
 せっかくじゃ、そういった者たちが
 如何様にその輩に取り込まれてゆくか見届けるのもよかろう
 多くは、己に対する欲じゃ
 特別な何か、特別な力など期待してはならぬ
 日々、日常の磨き上げの先にひっそりと待つものよ』

「精神性を上げることと、特別な能力に関してですね?」

『そうじゃ、そちのまわりにあまりにも多く特別な力を求めるものもあろう
 だが、それはこれから先々の日常の先にあるものよ
 魂を磨き、精神性の上がったものから使えるもの
 器がなく力だけあっても、真に用は足せぬ
 もとめる順序が違うものよの
 使いこなす器からじゃ
 力ばかり求むると、そちの知っておるように
 かような輩に取り込まれてしまうわ
 精神世界に触れ、己の向上を目指すものおる。それは何よりじゃ…
 だがそれ以上に先に力を求むるものが多いことを心配しておる
 この先、2012年に向けてもっとも増大する危険の一つは
 精神世界に起こるこのような落とし穴じゃ
 そちもよくよく考えて使えよ』

「はい、わかりました
 最近、精神世界から離れた方が
 仕事などの現実がうまく行きそうな人に気づきました
 それでもやっぱり、自分の中の甘い世界から離れることはないな…と」

『それもこれも全て一つの罠として、そちには学びとなったはずじゃ
 そのものは己で気がつかねばならん
 いつまでも夢の中では暮らせぬ
 現実が滞っておるのは、その証じゃ
 より現実に、その足元に目を向けよということじゃ
 そのことに気づくまでは長くかかるものもおろう
 現実の生活に困り果て、疲れ果てておるうちは
 人は精神世界に頼りたがる…
 どこで線引きするかじゃ
 それも各々の抱えている課題のうちと思え
 必要以上に人を気にかけずとも、そのものの内の魂が導くまで見守るまでよ』

「できることなんて少ないですが…
 軌道に乗ることを祈るぐらいです」

『ほーっほほ
 人を助けるというのは大抵ではないぞ
 頼まれた分だけでよいのじゃ…
 そこに至るまでに、すでに多くの者の介在があって
 そちのところへくるのじゃ。構わぬ、ほほ』

「今日は密度の濃いお話をありがとうございました」

『よい』

Comment

 秘密にする

2012年って、やっぱり何かあるのでしょうかねぇ。(今更ですが・・・。)
あっても無くても私の日常は変わりませんが。
あ、多分。
うふふ | URL | 2008/07/28/Mon 12:42[EDIT]
その話は、しないことにしてます。
だって聞いたからってなにも変わるわけではないでしょ~
紫音 | URL | 2008/07/28/Mon 19:23[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.