見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

コノハナサクヤ姫
「最近、思うのですが、この精神世界で仕事をする人というのは
 生まれてくる前からの約束でしょうか?
 それとも本人の意思なんでしょうか?」

『人にもよるわ。それぞれよのう、ほほ
 例え約束があっても、為さぬものもおる
 約束が無くても無いなりに、真似事をするものもあるわ』

「真似事…ですか?」

『聞いたことがあろう…
 真に手足となるものは、神々との契約があるもの…
 なくてもそのもののしたいようにするが良い
 何をし、学ぶのかはそのもの次第よの…ほーほっほ』

「約束があって、本人もそれを知ってるのに、やらないケースはあるのでしょうか?」

『そのような者はな、己の人生の中で数多の困難と向き合う
 その中で自ら気付く仕組みじゃ…
 なぜ、自身の生においてこのような出来事に多く遭うのか
 考えるほどに行き着くところは同じよ
 水源を求めるごとに行き着くもの
 また行き着くように、己自身で決めてきているはずよ』

「そうですか…私はとても中途半端な存在ですね…思えば…」

『そうとも限らぬぞよ、ほほ
 未だに己を全開にすることを許さぬ
 なぜかわかるか?』

「いえ」

『人のために働く前に、己の事から為すことを終えねばならんと
 いつまでも逃げておるからじゃ
 次から次へ、まだまだと言っておるうちは
 いつまで経っても何も始められぬ
 よくよく考えるのじゃ…
 己で決めた設計図、どこで何がどう繋がるのか
 今周囲におる者、偶然ではないぞ
 一人として偶然なぞ、おらぬ
 そろそろ動き出しても良い頃じゃ…』

「何をでしょうか…」

『見極めてみよ。
 ぐずぐずしておると、そちの設計して来た道ももたつくばかりよ
 まずは自ら動き、変化してみせることよ。ほーっほほ』

「また考えてみます。ありがとうございました」

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.