見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月読命
人の心は、表の心と裏の心を知らずに使い分ける

手に入れられず、物事を変化させられずに苦しむより
否定し、否定しきって、
それが己にとっての願望であり真実なのだと
自身に言い聞かせる
さもなくば、失望とともにあり続けねばならないからだ

生きる中で己の努力だけでどうにかなるものではないことも多く
それが苦しみとなるならば、
その苦しさも全て己の一分であり、
ありのまま全て己の人生であると、俯瞰してみることじゃな

その時々の思いに囚われていては苦しさを見つめるばかり
一旦その位置から離れてみれば
その周囲には他にも多くのものがあり、生を彩っていることに気づくだろう

一面が全てではなく、全ての中に一面がある

たったひとつの思いに己の生を明け渡してはならぬ

生の様々な側面から学べば、苦しみも喜びも
みな同じものであり、己自身がそう感じていたことの結果と気づくだろう

思いや感情を超えて、己の生を見渡せば
多くの実りも豊かさもそこにはある
それを心の中で感じるゆとりを持つべく、努力すればよい

様々なものに目をやり、眺めることで
人の豊かさを知るだろう

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。