見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月読命
人は生かされているということを知るだろう

凍えるような大気のなか、雪の中
人の命運を賭けるような厳しさの中
生きていることが当たり前ではなかったと気がつく
日々を安穏と生きてこられたのはなぜか、と。

厳しさの中で、命の暖かさを知る
互いに声をかけ、励まし、共に在ろうとする

人が望んでいたのはそういうことではなかったのか
日々がいつしか生きやすくなるのと同時に
生きることの困難さ、助け合う心を忘れてしまった

厳しくあるときこそ、生への執着があり
喜びがあり、感謝がある

折に触れ、自然の大きな力の下に人は思い出すだろう

人して背筋を伸ばし、
生きることの大切さは時折思い出さねばならぬものやも知れぬ

こうあれば、人の心が暖かろう

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。