見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月読命
人の頭で知らずとも、
人の魂が理解した時、問題の本質が何であったかを理解した時
ふと、心は晴れるものぞ

本来の問題は解決していなかろうと
そこへと至る道筋がはっきりとし
どうしてここに在るのか、なぜ問題と向き合うのかを理解した心であれば
落ち着くものだ

落ち着いて考えるからこそ、解は導ける
慌てふためき、あるいは極端に落ち込んだり様々あるうちは
心の奥で、いや魂で理解できず
問題と向き合う準備が出来ていなかったということぞ

手がかりはあるものだ
一つひとつを拾い集めて
手中にある手がかりを見渡し、組んでゆけば解となる
それでも解がない場合、「ない」 という解やもしれぬ

問題に向き合うとき、手がかりは必ず持っている
人はそれをよくよく使うように出来ている
解を天に求めず、手中に問うのだ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。