見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月読命
いよいよと人の心が知れるとき
現世に明らかとならずとも、知らず知らずに
己の手で環境を生み出すもの

環境、人の生の流れが変わるとき
人は知らずともその準備を始めている
あとになれば驚くのも無理はない
知らぬことだったからよ

人がなぜ、時にこのような不可思議な行いを取れるのか
取ってしまうのかを考えるにつれ
己一人の意思だけではないと分かるはず

人一人が生きていると思ったところで、それだけのものであろうか
数多の存在は人と同じように肉の衣を持つとは限らぬ
多くの、多くの存在のたった一部が人である、というだけのことよ
してみれば、人こそが主役の現世から目を離し
他の者の存在を心に招き入れるきっかけともなろう

人が不可思議な経験を重ねるたびに
人だけにあらずと思い出すはず

他の存在あって、人がある
成り立ちを知れば人として生きる上で、本当に知らねばならぬこと
行わねばならぬことが何であるのか
自然に分かるものなり

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。