見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大国主命
はっはっは

さてさて、ようやっと一括りの時が終わり
現世の人々の心にも落ち着きがでたことだろう

この流れの中で、心に神やあまたの善なる存在を認め、宿し
受け入れ、共に在ろうとするもの
いっときの流れとして楽しんだ者、
いっときの流れとして金銭を得た者、
全く関心なく、神々を知らずに生きることを選んだもの

様々じゃな
いっときの流れが世の中に現出するのには
必ず理由がある
現世に働きかける力と理由なくして、大きな流れにはなるまい
ではなぜ、あの流れが必要だったのか

勘の良い者はとうに知っているだろうな
篩とはそのことであると、すぐに理解しえただろうが
魂や精神的なものに価値を置くこと
その価値を大切にすること、篩はこれだけじゃ

なになに、あの流れの中で精神的なものの価値を唱えながらも
現世の金銭に執着する者もあれば
流れを嫌いながらも反発の中で己の中の魂に気づいた者もある
大きな実験であったと、そう申してもよかろうな

はっはっは

そうじゃ、篩は篩、流れは流れ
流れの終焉は物事が決まったことから、必要でなくなったことを示すまでよ

この10年の間に、心の価値観をどこに置いたか
個々人で答えは出ているぞ

はっはっは

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。