見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大国主命関係の方
信念の元に散る命ならば、その御霊には思いを研ぎ澄ませたまま
在ることができるものだ

強き思いはその者のまなこを覆い隠し
ときには真実から遠ざけてしまうものよ
だが、信念は人を強くもする
律し、整え、その人がどう在るかで
信念がまがい物であるか否かわかろう

ほかの者がやすやすと
ほかの者へ信念を問うことはできず
それに正邪をつけることもかなわぬ

自分こそが正しいと思うからこそ、摩擦が起こり
争いが生まれる

ほかの者が信念とするものを否定せず
多くの意思があることを受け入れることができれば
余分な争いなどおきぬはずじゃ

信念とはなにか
その思いは正しいのか
人のために立つものか
己のためなのか

問えば問うほどに答えに近づく
問えずにありのまま呪文のように信じ込めば、いつか妄執になる

なぜかと問いつづけよ
答えを研ぎ澄ますには、考えをも研ぎ澄ませねばならないからじゃ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。