見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

邇邇芸命
はっはっは…


人の転機は、多くの神々もまた関わるものよ

新しく得た地、人との園、新しい仕事もそうじゃ
皆、どこかの神々の元にあり、
その新しい神々との縁にも触れる

だからこそ、このように大きく物事が動くとなれば
触れる神々もまた多くなるものじゃ…

今の人々はかようなことと、天のことなど気にせずに在ろう
それでも我らは我らがある限り、見守り続けねばんらぬ
そのとき、我らを知り、心から感謝してくれる者があるならば
当然、その者のことはいつしか目をかけるようにもなる

神々と人がともにあった良き時代を、人が忘れようとも
我らが忘れることはなく
そこに軋轢も生まれ、時に奇跡もある

人の中に誰しも信念を宿すだろう
小さくとも大きくともなくはないはずじゃ

その心の中に常に我らの姿を置いておくだけで
特別なことはせずとも我らはそこに在るものだ

わざわざと特別な儀はいらぬ
本来の人の子と我らの関係はそうであったのだ

儀は儀
しかるべきものがしかるべき時に行うものぞ

一人の人の子として生きるとき、我らとともに在ると考え
心からその思いを持ち続けることはいかばかりか

さような関係をときになつかしく思う神々もあるのだそ


はっはっは

Comment

 秘密にする

こんばんは~紫音さん
いつもありがとうございます 

なんだか神様がお寂しそうで
読みながら悲しくなりました
神様って有り難いですね

今はただ願いを叶えるためだけに
神社に行くような人も多いですが
皆、感謝も送っているかなぁ

昔は五穀豊穣の感謝を伝え
祭りでは神々とともに酒を飲み
踊り歌い、ともに喜びを感じる場であったのですが

田舎ではまだそういう風習も残ってはいるんですが
でも感謝というのは減っているのかもしれません
飢餓とかそういう危機感がないから

祈るって神様の意に乗ると聞いたことがあります
神様の意とは何だろう?
今度神社に行ったときにそんなことを感じながら
行ってみようかなと思います


aoi | URL | 2017/07/02/Sun 20:31[EDIT]
>aoiさん
自分のブログを一週間に一回もみてない有様で、すみません。

神様は遠い昔のことも、今と同じように記憶されてる気がします
ずっといたんですよね
最近、土地神様と話すことがありまして
「困ってることはないか〜」と。
すごくおおらかで一緒にいられる安心感はとても強かったです

私は面倒なことはせず、いつも「日本の神様とても好きです」と
大雑把に意思を伝えてます
それでいいみたいです
紫音 | URL | 2017/07/08/Sat 20:38[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.