見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
人と世が共に在り、1つであり、共にあってこその世界として
渾然一体となり、発展してきたという事実こそ
人の本質を語るものやもしれぬ

人と人も、人と神も、人と世も、皆区切りなく
互いが互いに等しい価値を認め共にあった頃と
今の世ではなにが決定的に違うのか

人の心の中にできていったその時々の価値観は
人と人を比較し、欲も生み、神と分離し、世を統制しようとした
そこから人もまた独自の道を歩き出したといえような…

本質とはなにか…
どうして魂はあり、肉の体をまとうのか…
魂とはそもそも何だったのか…

今、目の前にあるものが当たり前のように存在してはいないとしたら
何が在ると思わせているのか
人の意識よ

意識を深く考え、意識を観察し
自身の意識を整え続けることで、新しい見地に立てる
世の中は同じようには見えぬぞ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.