見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

邇邇芸命
人の子らは知らぬのじゃな…
今は我らにとって忙しい月じゃ…はっはっは

よかろう…

神々の集いありても、人の子らは気がつくかつかぬか
大きな社ならば代わりとなる者も多くあり
人の願いを聞いたり、動いたりはやっておるもの
小さき社は代わる者もおらず
時には空っぽじゃな…

あるや、なきか…人はそう考えるが
それだけで判断はできぬものじゃ

祀る、というのは我らにとっても力を増すものじゃ
祀り、祭られ人の祈りも願いも
その大きな思いも皆、存在として活かされる

より大きな社には、人の思いも強かろう
大事に残しておきたい、とな…

その思いは我らや我の眷属にも充分に届く
して、存分に不在のときにも代わりが務まるわけじゃ

ぬしのように魂で来るものを除いては
みな不在じゃと困惑するだろう

さてさて、人の子らは気を引き締めてゆかねばな…
まだまだもう少しじゃ

はっはっは

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.