見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

火遠理命(山幸彦)
深くは語らぬ
現状にあいた時にこそ、新しいものをはじめる時じゃぞ
新しきを取り入れる準備はようようにして、整いつつあるではないか

では自身の生き方に何を取り入れるのかということじゃな…
多くの者は変化を待つ
あれやこれやと思いながら変化を待ち、変わらず生き様を嘆く

違うぞ

誰かのせいかと問えば、不運を神に嘆くとは
自分一人の責任も自身で取れぬ者に、ほかの人間の生き方なぞ責任をおえるはずもない

昨今、生涯一人を貫く者も多いが
中にはそのような者もある
いくら取り繕っても事実は事実よ

自身の生きる道を己の力で花開かせる努力を続けることじゃ
今日がならずとも明日もある
一日一日はやってくる

その中で自身の責任を持ち生きている者は、
ほかの魂を預かり家族をうまく持ち、責任を果たせるだろう

かようなことゆえ、一人で自身の人生を生き切りたいのか
望まずともひとりで在りつづけるのか
考えればその者の心のうちではわかるだろう

まずは自分の生きている今を楽しみ、
どう充実させて人の魂を育てていける環境を作れるか、よ

そう、考えていくうちに今とは状況も変わる

人の子の暮らしはそういうものじゃぞ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.