見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

火照命
人との別れ、出会はその縁の発露により
早くも遅くもなる

人と会い、成長し、己に何が残ったのか、残ったものの大きさで
出会の大きさは分かろう

縁ありて、出会う人はそれぞれに感化し合い互いを高めあうものだ
それが不毛な関係ならば、何も残らずに終わる
だが、何も残らずというだけではない
そこからすら学ぶことはあるものだ

何も残さないという生き方を積み重ねて、人はどう人生を過ごし、どうなってゆくのか
それは見ているだけわかることぞ

人との出会も別れも、人の生ならではよ
できるだけ多くのものとふれあい、己を磨け
どんな関係であっても、学びは残る

自身の中で昇華し、心の中で学びにかえよ
いつまでも愚痴、不満を言うのは違うこと
それは昇華せずに、そのまま感情に身を任せ続けることになる
それこそ、違うことだ

いつしか人はみな、個ではなくなり気がつくものぞ
個として学んだことの貴重さはあまりあるものだ

人を尊重し、人を育て、人を高めてきた者だけが
次へと進むだろう

やり直しもあるだろう

しかし、そう幾度でもあるまい
生き方、考え方は今からでも見直せるものだ
全員が早く気がつけばのう…
まだしも世の中は平らであったもの

気付いた者から変えればよい
正しくあるということはな、自分自身のためなのだ

あるがまま、あるがままも良いが、考えることを通して
人は貴重なものを掴みとる
目の前に成長の機会があったとて、考えずにいればそれは消える
考えることを通して学べ

逃げ続けることのないよう、真っ正面から様々なことに向き合い
取り組みつづける者なら、分かる

一つひとつの機会はいつでもあるものではない
機会というからには、時々しか起こらないものだ

その機会に考え、苦労することを恐れるな
自らが得たいと思ったことがその中には隠れているのだ

そうやって、人を育てていくの我らの役目ということじゃ…

ははは

Comment

 秘密にする

人間関係ですね
最近はたくさんの出会いと別れがあります。

むかしは突っ張っていて、まるで人を大切にできませんでしたが、
もっと仲良くなりたい、好いてもらうにはどうしたらいいかと悩む現在のわたしは
自分でも変わったなあと思います。

そして人間関係の中でも、恋愛感情というものがよくわからないわたしなのですが、
とってもよろしくない男の人ではありましたが、
そんな彼と離れた後から、ずっと想い、
毎日のように身も心も穏やかに生きていけるように、と祈っています。
たぶんもう逢えることはないのだと思いますが、見返りなくこう願っており
これがよくいわれる恋でもなく、愛なのかしら~なんて思いつついます。笑

一番難しいのは親との関係ですね。
長年のテーマだと思いますが、でももしかしたら外の人間関係の中でヒントを得られていくのかもしれないと思います。
どこのご家庭もそうかもしれないですが
ほり | URL | 2016/05/31/Tue 17:28[EDIT]
>ほりさん
親との関係ってのはみつめるに時間がとてもかかります
数年で終わればいいほうです。
私もやっと乗り越えたのは数年前ですね
今は良い関係です。

年を重ねるとなんとなくわかったりもしますよね
紫音 | URL | 2016/06/01/Wed 20:40[EDIT]
やはり親との関係はなかなかうまくいきませんね
初めは大人と子どもとして、次は親と子として、今は一人の人同士として見つめています
一人の人同士として父母のそれぞれの人格と、自分の折り合いのつけ方、寄り添い方が、まだピンと来ずにいます。

…打ち込んでいてフと思いましたが、
自分がどうそれぞれと関わり合いたいか、はっきりしていないことに気づきました

わたしはそこから流れが出てくるのかもしれないなあ…
ほり | URL | 2016/06/03/Fri 14:34[EDIT]
>ほりさん
そうですね〜、書き出していると
自然に内観もできて、そこから答えってでてくると思いますよ
紫音 | URL | 2016/06/04/Sat 22:55[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.