見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

豊受の神
ほほほ

そうして人も物事も動きゆくものじゃ…ほほほ
人は行いに見合った結果を受け取り、いつか己自身の生き方について考えるであろう
これで良かったのか、とな、ほほほ

それに気がつかず目の前の現実が己の結果であるという
謙虚な気持になれぬのであれば
そこから抜け出すのには幾年もかかろう…さよう
この世というは行いと結果で構成される
それは現実じゃな

いくら口がうまく、もっともらしいことを述べていても
詭弁にすぎぬ
言葉は言葉にしかならず、散り
実がなることはない

虚構の現実で生きるが如く
言葉だけで積み上げた現実の装いはもっとも脆く
あっという間に滅びさるもの

確かなものはたとえ貧しくとも、たとえ小さな幸せであろうとも
己の行いの結果として積み上げてきた確かな現実のみ
己の確かな現実は小さくとも満足であり、
確かな実りとともにあるものじゃな…

人は経験を通して学んできたが
これからはそれだけではない
とうに知るものにとっても経験は必要不可欠ではないのだ

ゆえに積み上げる現実についても、
最初から積み上げることができる

旧い時代の者たちはなかなかにして認めようとはせぬ
誰かやなにかに意義を与えられて、その中で生きてきたからじゃ

今は違う
夢も希望も意義も誰かから与える世ではない
無関心に見えてその実、この社会や今の世では新しき者には生きやすくなるだろう

価値観の崩壊を目の当たりにするにつれ
そういった思いを持つものが増える

これまでの現実は在り続けるのか
それは幻のようなものではなかったのか
確かなものは何なのか、と

日本が震えるとき、価値観が大きく変わる
物主体ではなく、人主体となる
そのことに早く多くの人々が気がつけば
これから先もまた変わるであろうな

全ての自然現象は人の意思と連動している
人だけではないやもしれぬが、人が多く関与する

その中で神々の御業と思うのはまさに、旧い時代の現れじゃ
旧い時代の人々は誰かが与える意義や試練という考えから抜けきれぬ
して、その試練に耐えようとするもの

新しい人々の動きや感性に目を向けるがよい
彼らは今、何をしているのかと。

次の時代というはもうやってきている
気付くか気付かぬのかは人それぞれじゃ

ほほほ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.