見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

豊受の神
久しく…

時というは、そのものの感覚で測るものじゃ…
短い、長い、その者以外に誰が知ろうか…
心のうちにあるものさしで測るからこその時間の長さよ

人は振り返り、己を見ることを必要とする生物よ
ゆえに節目を持ち、
自然と己を合わせ、繰り返す季節毎に己を振り返る
それなくして、年や節目を迎えることにはならぬだろうなあ

真にやさしくなれる者というは、優柔不断でもなく、
ためらいも、迷いもなく
志をしっかりと保ち、次に己が何をするべきか知っているものじゃ
知るからこそ安定し、己を正し、他の者を正しく見ることができる

己だけの価値観で人を見れば、厳しいまなざしになろう
広く正しくあることで、それを心に置き続けるだけで
人はほかの者に客観的な評価を持てるものぞ

そのとき、どうすれば良いか、必ず分かるはずじゃ

言の葉に出せば、やがて現実となる
現実はいつしかそのものの人生になる

言の葉に気をつける理屈は明快であり、
ことに慎まねばならぬものじゃ

さよう、これからの日々人は精進じゃ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.