見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

月読命
人の心は移ろうものだ
今、この時に心を決めたとて
その日一日持たぬこともあろう
肝要なのは、その目標を心に持ち続けることだろう…

持ち続け、心を決め続け、挑戦しつづければ
いずれ習慣となり、半歩ずつの歩みであろうと目標に近づくことができる

だが目標をもたぬままになんとはなく生きていても
在りたいと思う姿となることはない

心にこうありたいという姿を持ち続けよ
いずれ力となり己を変える
目標も理想もなしに人は向上することはなく
向上なしに魂が磨かれることはない

全てが自身を向上させるための難関と思うことで
いつかは越えねばならぬと気付くだろう
その時が決まっていても、その間
有意義なものとして考えたり、挑戦しつづけられるだろう

人の子よ、そのような雌伏の時こそ
もっとも人は試され、大きく向上しているのだ

決して、成功してからではない
自身が理想とする成功の姿を、現実にはできぬと嘆くことはない

嘆こうとするこの時こそ、向上のときぞ

現実という水の中で、己を自由に放ち、己を信じるとよい
人の可能性を試すのは理想とするもの、目指そうとする心だ

一人ひとりが向上することで、全体もまた変わり
社会も国も変わるのだ
そのような国であったとき、
性質の違いすぎるものが、ずっとおれようか…

否、であろうな

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.