見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

選択の話
神界との会話をとったあと、
毎回、なにがしかの話を個人的にするのですが
あるとき、書けるようになったら書いておきなさいと言われた話。


 * * *


どうしても、もう
この手のブログやスピリチュアルといったものの存在意義を感じなくなったのですが
それはなぜか?

私はどこかで「すでに必要とする時期を世界が通過したから」と感じていました。

だから一気にスピリチュアルが下火になり、
人々は自分の仕事や、新しい価値観を持った生き方へ戻ったのだと
そう思っていました。

大国主命にそれを話したときです

「もうどちらを選ぶか決定した。人々は選び終えたのだ」と。

何を選んだのでしょうか

それは現状維持のシステムで繰り返し、学ぶことを選んだ人
あるいは現状のシステムで転生せざるを得なくなった人…と

もう同じシステムで転生を続けながら学ぶのではなく
新しい方法、新しいやり方でやっていこうと決断した上昇志向の強い人たち

だと言います。

ですが、この同じ場所で2つのシステムが同時にできるはずはなく
いずれかのグループが、もう片方のグループを制御しなくてはなりません。

既存のシステムをよしとするグループは、当然ながら見えない存在にも多く居ます
そして新しいシステムをよしとするグループも同じくです。

その2つのグループがせめぎあうのが想像できるでしょうか
まずは見えない世界でそれは起こり、やがて現世にも同じことが起こります。

荒ぶる様子、争いは現世では戦争であったり、自然界の大きな変化にもなります。

ですが見えない世界でのせめぎ合いとは?と問うと
これまでにも何度か繰り返されてきたと言います。

それが古い民話であったり、伝承であったり姿を代えて伝えられていることもあります。
小規模なものでは時折、起こっているようですが。

神々の戦争、と言うと大きく聞こえますが
要は選択によって分離した2つのグループがオセロをひっくりかえすように
この同じ場所を使おうとした結果のようです。
善悪ではない、と大国主命は言いました。

人間によって話に肉付けされた結果、もっともらしい伝説になりましたが、
古来より人間はそのときどきで変容し、選択し
そしてこの場そのものも変化してきたというのです。

その大きな節目がいくつかあり、今回はスピリチュアルブームの到来が
その節目を教える役割だったとのこと。
役割を終えたブームは静かに眠り、これから先の道しるべとして残るでしょう。

Comment

 秘密にする

選択のお話 について
以前、過去生鑑定でお世話になりました。
このたびのお話、とても深く拝読させていただきました。
新しい生き方。。、とても気になります。
私はまだまだ現状を捨てきれていませんが、
より良い光の道があるのならば、すこしでも近づきたい・・、
そう思いました。
メッセージをアップしてくださって、本当にありがとうございました。
ひだまり | URL | 2015/09/08/Tue 10:34[EDIT]
現実でなにを選ぶかより、心の中での選択になりそうですね
記事は抽象的にわざと書いてますが、分かる人には
はっとすると思います…
紫音 | URL | 2015/09/09/Wed 08:31[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.