見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

大国主命
人が人を愛する時というは、
どこかに相手からも信頼や愛情が、相互にやりとりできると
信じている場合になるだろう

果たして、見知らぬものにもそうできるのか
人はそういった生き物ではない
ただし、それが悪いという話ではないぞ

人が一人では生きられぬとはよく言われるだろう
それはまことよ
ならば、人との関係なくして、人生そのものが成り立たぬ
大人になり、孤独に生きていると感じるのは
人同士の関係が不足しているからじゃな

人と人との関係の中で生まれる信頼や愛情は
相互に助け合い、生きるための糧となり、希望となる
だから相手に与え、与えてほしいと思うものだ

ところが片一方だけのものであった場合
相互にはないものと、いつか目を覚ます
正常なものならばな
与えてきた自分自身の思いを無駄にしたと考え
時に人は怒りに身を焼く
そうであってはならぬ

片一方だけと怒りに転じてしまう者は
そういった人間と出会う
自分の姿を知るために会い続ける
つまり、本当の自分の姿に気付くまで与えるだけの関係に至りつづけるのだ
よくよくと己を見ればわかる

いつもいつも自身ばかり苦労して…と思っていないか
そういった相手は教えるために会うのだ
歪んだ片一方だけの思いを人に与えてこなかったか
そこに気がつけば後は早い

片一方的に、与え続ける感情は信頼や愛情だけではなく
人への様々な期待がそうじゃ

こうあってほしい、こうしてほしい
…ほしいという思い
かつてこの国では、今と違って自由ではなかった
その頃から連綿と続く思いの源は何じゃ

人は他人の意思では動かぬ
それぞれが、それぞれの主であり、
自由に生き方を選び、自由に考える。

全ての者が自由であり、それぞれが自分として生きる
だからして価値のある人生にできる

誰かが、今、これを見ている当人の人生を変えようと
あれこれしているとしよう
その通りにはならぬと怒り、愚痴り、毎日を費やすとしよう
さて、それは何が原因か

他人もまた自由と、その人を心から認めない限り
人を変えようとしてしまうからじゃ

人は変えられぬ
他人をまことに許容するのならば
たとえ、選択を間違った路に在るとしても、その自由を認めるのだ

相手の選択をまことに許容し、一人の人間として認める時
他人にあれこれと言う気持はなくなるだろう

そのとき、自身もまた一人の人間としての生き方を認めてもらえる

そういうものじゃ…

Comment

 秘密にする

確かに~
「ありがとう」の言葉を期待してたなぁ (;´ω`)
一人よがりの愛の押しつけは
相手にとって有り難くないですね
自分自身の中から光を自家充電できれば
外に求めなくても良くなるのだと分かってはいるんですがね~・・
紫音さん、今週も大国主様の御言葉、沁みました~
いつもありがとうございます ^^
aoi | URL | 2015/07/05/Sun 16:53[EDIT]
あ、私は聞いてかいて、アップするだけなので。笑

むしろ、凄くいそがしそうなときに繋いでしまって
あ、どうしよと思うときはありますけどね。

私も今日の記事には心当たりもあります。
きっとみんなそうだと思いますよ。
そういうものです
紫音 | URL | 2015/07/06/Mon 00:09[EDIT]
リアルタイムな記事、ありがとうございます。
カウンセリングの世界で共依存と言う言葉がありますが、
私もこれに当てはまります(*´・ω・)
今現在、他人をコントロールのをやめようと考えているところでした。
よい記事ありがとうございました。
大国主さまにお参りして、お礼言ってきます。
| URL | 2015/07/06/Mon 07:52[EDIT]
そういっていただけると、うれしいです
なにかの役に立ち、神々の存在を知れるというのは
目的でもあります。
是非、お礼のお詣りを楽しんでくださいね
紫音 | URL | 2015/07/06/Mon 19:53[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.