見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

大国主命
はっはっは

して、自身の時というものを感ずるに何をしてきたか、よの
人それぞれに訪れる定刻を
人は知らずとて、己の人生の動く時を教え、また結果を現す

そのときだけ、急に慌ててもどうにかなるものでもなく
それまでの積み重ねが結果という実を残すまでだ…

人はどうしようかと思い悩む時、
歩を踏み出すことを時に忘れてしまうが、
その思い悩む時ですら、結果までの道のりの中にあるものだ
考え、迷っている間も足を止めずに、歩き歩いて考え続けるのだ

答えが出ずとも、解・結果にたどり着くのはそういう者のみ

歩を止めてしまえば、いつか結果は出ると思いつつも
そこまでたどり着けていないのだな

自らの周囲は変わってきている
どんどんとな

誰が願ったのかは、この時には関係なかろう

その人それぞれの結果を受け取る時ということなのだ
それが良くも悪くも、自らの責任において生き
自ら人生をつくるということに他ならぬ

人々を見て、己の次の足取りはどうあるのか
よく考えてみるがよい…


はっはっは

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.