見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

大国主命
はっはっはは

浮き世に生きる人は常に常に
あれこれと考え過ぎじゃ…

考えすぎて、それが事実であったのか
あるいは己自身が推測していたことを思い込んでしまったのか
その区別すらつかなくなってしまう。
妄執、妄想、それらを拠にして生きれば
人生そのものがねじ曲がってしまうというに。

先入観を持たずに、ありのままの現実を見れば
はっとするだろう。

自身の思い込んでいた現実と、本当の現実は
あからさまに違うことに驚くぞ

正しい目線を持てば、世は常に簡単な仕組みで動き
ややこしくしているのは人間そのものだと思うことができる

人との別れが起こるのはさような時ぞ
正しくありのままの認識できた時点で
しがらみも、妄執も、こだわりも消え、縁も切れてゆく

縁を持つということは、こだわりを持つということ以外に
何があるのだ?

こだわりを捨てて、ありのままを感じれば良い
そうしてこそ、本当の意味で身軽になれる
とかく人の思いを背負いやすい仕事をするならば
身軽でありたいという本能が、
身の回りをとかくきれいに片付けさせたがる
本来、身軽でありたいのは、切っても切れぬ縁だろう

捨て去れ、そして縁を消そうとせずに
縁を忘れるのだ
それがもっとも容易い方法ぞ

はっはっはは

Comment

 秘密にする

疑問
正しい視点かあ・・・

一体どういうのが正しい視点だと判断できるんでしょうね。

自分では自分のことがよく見えていないこともありますよね
| URL | 2015/03/16/Mon 21:16[EDIT]
とてもすばらしいメッセージと思いました。

消し去るのではなく、忘れる。

どうしても持たなければならない
目の前の縁の中に
自分のこだわり(執着)を見つけ、
自分から変化していくことが出来れば・・・


すべての縁は
起こるべくして起きているのだという
感じがします。

ありがとうございます。
まゆ | URL | 2015/03/20/Fri 22:53[EDIT]
>湯さん
正しい視点かどうかはいずれ現実で知ることになるのではないでしょうか?
私見ですが。

>まゆさん
最近、私も現実の中でこのメッセージと同じ体験をしました
縁を忘れることにしたとき、
その人は配置換えで遠いところへ…。笑
紫音 | URL | 2015/03/21/Sat 12:50[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.