見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
さよう…
時として人は、他人の中に己自身の影を見る
だれか他の者を忌み嫌うのは、己自身の影がそこにあるからじゃ…

そこから何を見いだせるのか?
自身の足りぬ部分、痛みを覚えてもなお変えてゆかねばならぬ部分を探し
努力するのみぞ

己の中で、問題が片付けば、他の者へも優しく穏やかに在れるだろう

いかなる理由であれ、他の者への非難や攻撃を辞められぬものは
己の心中が荒れているからぞ

穏やかな心こそ人には望まれ、そうあるべくいるもの
心中が荒れているからこそ、
理由を挙げ、理由を探しては他人を攻撃するものじゃ

だが、その生き方に誤りという気持があれば
生き方を変えることができる
気がつけねば、獣と同じじゃ

低い波動の者は友を呼び、悪循環の中で生きる
まこと、人を非難して生きる者に幸福な者などおらぬ
それは道理じゃ

一歩ずつ進むは、人の性
それが高じて進むがための何かを探すとすれば、それもまた誤りじゃ
今の自分を見ずして、何を見ようというのかと問う

己からはじまった世界は、己に帰結する
輪は閉じ、その中から抜け出ることができぬようになっては
せっかくの生が無駄になる

己という位置を与えられたのならば
そこから広い世界へと目を向けることじゃ

目前の小さなことに囚われすぎて、何になろう

生きている限り、誰かがその者を見守る
目があることを否定してもはじまらぬ

天にも人にも恥じぬように、生きているのか?
己自身こそ、答えを知るものぞ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.