見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

豊受の神
心の震える様は、人の気配を通じて分かるもの…
その人間が常日頃にどのような心持ちで生きているのか
我らには筒抜けも同じく

一人ひとりがみな平等に見守られ生きるならば
一人ひとりの言動そのものが我らの
人への関心を削いだり、あるいは起こさせたりもする

人が一人では生きられぬと申すのならば
なぜに見えはせぬが存在する世界を否定するのか
大きく影響を受けて生を受けていると言うに。

この世界は現世、うつしよとは何を映したのか
言葉遊びではない
言葉に秘められた意味があるだろう

心を広くひろげ、新しい目で見渡せばよい
さすれば、これまで感じることのできなかったもの
知らなかったものに出会える

人の生を豊かにするはさような意識そのものよ
狭い意識の檻の中には居らず
広い世界を見渡せばよい

許せない思い、許しきれないもの全てはまやかしであり
とるに足らないと気づくだろう

人の小ささを知り、大きさも知ることができる
人の子らの心の内の広さは限りなく広く、
とても深い

それを経験している者は少なく
わずかな者が扉を開くのみじゃ
だが敢えて言おうぞ
その扉を開かずして、今後の現世では生きられぬぞ…

心を病んだり、苦しさに根をあげたりするだろう
して、この現世に精神世界という概念を
この時代に下ろしたものぞ…

深く深く自分を見つめ、扉を開け
その先に真の解放があるものぞ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.