見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

コノハナサクヤヒメ
ほっほほ

人の心が揺れ動く様、その者がその心によってどう動くのか…
どう動くのかで正負が分たれる

心で思うのが正しい怒りとして、
世の中の在り様や他の者への欺瞞に生じているのならば
人の子らはそれを止められはせぬ
ただし捕われぬようにあるべし
己の律しようとする心を真ん中に据えるように「思う」のだ。

その怒りが真ではなく、己のわがままやずるさ
価値観の違い、根本的な思い違いであったなら
その炎はすぐさまそのものの人生を焼き、現世に生じるだろうなあ

心の中は見えぬものでありながら
すぐさま現世に生じる火種じゃ
扱いはまことに慎重にせねばならぬなあ

ほっほほ

その感情によって行動をはじめるとき、
誰れが見ても正しいからと、己を理由づけるものは大抵、嘘じゃ
己を騙すための嘘にほかならぬ

かくあるべしと信念によって行うのであれば誰かなどど考えもせぬ
己の信念に添うということは、自身でその責を負うということぞ

責が他人にあるから行うのか、己に在りて行うものか
結果はその者は思い違いをしていなければ、まっすぐに現れ
思い違いをしていれば、逆の結果になろう。

自由に行動できる今の世の中とはいえ、
その結果、責を負うことまで意識するものは少なかろうな

全ての出来事は現象として在る限り
結果を生み続ける

己の周囲、己自身に結果が現れている時
その結果を真摯に見つけてみるべきじゃな…
病も等しく因があり、人との関係も然り。
中にはその日の金銭に困るものもあり…じゃ。

あらゆるものに原因があってのことぞ
それを見ずして解決はなかろう

他人、他人とほかのもののせいにするうちには
全く解決はできぬ
1人で生まれ、1人で死ぬのが人の子ぞ

生きている間ですら、己の路を見据え
どのみちをゆくか自身で責を負わねばならぬ

そちが言うはかようなことであろう…
世の中には己のことばかりで、他の者が重責を回し続け、楽に生きようとする者が多いと。

ならば、その者の今を見よ
そうすれば分かる
幸福な生き方など、決してしてはおらぬぞ


ほっほほ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.