見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

たった一度の警告
これまでの鑑定の中で、たった一度だけ
神界の方から警告を受けたことがあります

それは、そのときに受けていた案件
決してそれ以上関わってはいけないと告げられたのです。


最初にその依頼メールが着た日
そのときから胸にざらりとした感覚がありました。
なにかまずそうな依頼は決まって、胸を砂だらけの手ですられるような
ざらりとした感覚が湧いてきます。
大抵は、良くない霊に憑かれている時。

このケースに至っては、相手が悪意を向けてくるという知らせでした。

基本的に頼まれた事以外は見ず、分かっていても告げませんが
このときにも私は言いませんでした。

因縁なのでしょうか、獣に完全にもてあそばれていました。
自分自身の人生を少しずつ、少しずつ削られ
猫が獲物をいたぶるように運命を削られていました。

原因は本人の過去にあると確信したとき、
この災いは自分で責任をとらざるを得ないだろう。
よって、今自分がなにかいったところで
よほどの代償を支払わない限り解決せず、またなぜか…
見えない世界の人たちは手伝う意思がありませんでした。

自身に降り掛かった数多の霊障に気がつかないのは、その獣のせいでしょう。
そして、その霊障を霊感と捉え
霊能者になりたいと言うクライアントさん。

180度世界がひっくり返ったとしても、それは無理でしょう。

そして更に、ほかの人を鑑定していくことで禍を買い取り、
自分に受け乗せしたままで、禊もしていない状況
手にとるように、その後が分かりました。

神界からの助言は私にとって絶対なものだったので
その後、一切の鑑定を断り、理由も告げませんでした。

ただ、今まで出会った人の中で
ここまで長生きできないだろうと思った人はほかにはいませんでした…。

高次の存在が手伝わなかった理由は、それだったのでしょう。
おそらく死なくして、償いは終わらないと。

Comment

 秘密にする

こんにちは、久しぶりにコメントさせていただきます。

数年前ハイヤーセルフチャネリングでお世話になった際、チャネリングの勉強はおススメしない…とハイヤーさんに告げられ、すんなり諦めてしまったんですが…
年月が経つにつれ、精神世界の怖さを知り、あの時ダメ出ししてもらえて良かったなと思っているこの頃です。

この方も紫音さんの記事を読んで「これは自分のことでは?」と気づけたらいいですよね。死だけが償いなんて悲しすぎますもの。
neko | URL | 2014/10/22/Wed 17:20[EDIT]
nekoさん、こんばんは
チャネリングだけが精神性の勉強ってわけでもありませんし
普段の生活の中でも、大きな気づきってあると思うんですよね

ただ、絶対にあきらめない天使たちが「ノータッチ」となる時点で
もうよほどのこと、なんですよ…
紫音 | URL | 2014/10/22/Wed 20:17[EDIT]
紫音さん、ご返信ありがとうございます。
そうですね。普段の何気ない日常生活がどれほど素晴らしいかということに気づけて良かったと思います。そういう意味では震災は転換点となりました。

天使は絶対に諦めないんですね!それが聞けてすごく勇気づけられました♡
私も諦めない人になりたいです。
いつも素敵な記事をありがとうございます。
neko | URL | 2014/10/23/Thu 07:51[EDIT]
怖いですね
死なくして、終わらない償いって、、、
どれほどの罪なのでしょう?

罰が当たるとはそういうことをいうのですね。
改めて清く正しく誠実に生きて行こうと思いました。
まあみ | URL | 2014/10/23/Thu 18:44[EDIT]
>nekoさん
震災では、多くの人が多くの経験をしましたね…
軽々しくいろんな事は未だに言う気持にはなれないものです。
私にとっても本当に大きな転機でした。

天使はあきらめないですね〜
ダメだろうと思って引く、というのがなく
あるとしたら結果が見えている時だけではないかと思います


>まあみさん
罪というよりも、そうでもしなければ
その状況が終わらないっていうのもあると思います。
超長い目で見れば、それ以上の禍をためこまずに
そこで人生が終わるほうが負債を抱え込まずにすむのかもしれません。
紫音 | URL | 2014/10/23/Thu 20:47[EDIT]
なんだか怖いお話ですね

程度に差はあれ似たような方が一人頭に浮かびました...

これを読んだとき以前鑑定していただいた内容を思い出しました

あのときどうしてダメだったのか 今更ですが理解できたような気がします

その時よりは一歩前進できていれば良いのですが~

ぼたん櫻 | URL | 2014/10/23/Thu 21:38[EDIT]
>ぼたん櫻さん

怖い話と思うけれども…実際、結構この手の話はあるものですよ…
紫音 | URL | 2014/10/24/Fri 00:42[EDIT]
「ユルス」の日記もそうですが、自分のこと(自分に関わる人のこと)だったりしたら・・と思うと怖くなります・・

でも、それぞれ、速さの差はあれど、「気付く」ことで人生の流れが変わることをここ数年(震災以降)感じます。

この記事の方も、どこかで気づきのタイミングが来たらいいですよね・・
(天使さんたちに投げ出されちゃってるようですが・・)
Sawady | URL | 2014/10/24/Fri 20:45[EDIT]
> Sawadyさん
気がついてないだけで結構、こういうことはあると思うんですよ
ほかにもまだまだあるんですよ…
もう少し早くきがついてたら生きられたのに、というのもありますしね…
紫音 | URL | 2014/10/24/Fri 20:48[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.