見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

転生した親子の話
過去生鑑定では、なかなか面白いストーリーも出てくれば
あるいは、本当に普通の生活が続きすぎてまったく山場のない人生もあったり
ときには、100回に一度だろうなというほど印象深いものもあります。

最近出会ったのは、過去生において
「転生して必ずまた再会する」という強い信念を持った方が
今生でその人に出会、それをたまたま私が拝見する流れになった鑑定です。

ご本人からブログ用に掲載許可をいただきました。



【ご本人とお母様が一緒だったときの過去生について】

1つか2つほど前の人生で、一緒になっていました。
場所は南米
チリかメキシコのような高度の高い都市です。

年代は日本で言う江戸時代ぐらいの感覚で
それほど古くはありません。
一般的にはこのぐらいだと前世というケースが多いかと思います。

さて、貴方はこの時代に女性として生まれており
成長し、嫁ぎ先の家で過ごしていました。
息子も一人、二人と次々に生まれており、良い嫁と認識されていたようです。
黒い髪で、一見するとジプシーに似ている感じの民族です。

貴方はよく市場へ買い出しに出かけていました。
木の皮のようなもので編んだ大きなカゴ一杯に買い込むと
自分を番人と称す長男を連れて楽しそうです。
長男はこのときに8歳ぐらいになっていました。
この子が今生でのお母様です。

家へ戻ると、その野菜や肉を大量にカットして
親類や近隣の人を呼び、バーベキューのようなことをしています。
定期的に行っていたようなのですが、
貴方の家には変わったかまどがあり、それが人気の秘密だったようです。

そのかまどはおじいさんの手作りで、その地方にはなかったものなのですが
遠方へ出かけたときに似たものを見かけ、
実際に自分の家にも作ったようなのです。

棺ぐらいの大きさの長方形のかまどで石造りになっており
その天面には大きな平たい石が設置されていました。
下のかまどで火をたくと、上の石が焼け
その石でバーベキューをするという形です。

これは、子どもたちを多く授かったおじいさんが
長い年月、子どもやその家族といっしょに食事をする機会に恵まれるようにと
願いをこめてつくったようでした。

それが今でも大事によく使用されていました。

かまどは大人が入れるサイズではないのですが
子どもは入ることができるので
よく長男が入って、灰をかき出す仕事をしてくれていました。

ある日、長男はそのかまどの中で発見されています。
亡くなっていました。
原因はやけどなどではなく、遊びか灰をかきだす仕事のために中に入り
そして誰かが扉をしめたまま、中で眠ってしまったようです。
とはいえ、扉は中からも押せますし
当時としても原因がわからないままになったようですね。

おそらく遊びで入って、眠ったのでしょう
そして酸欠に至ったかと思います。

長男を亡くした貴方は落ち込んでいました。
一番かわいがっていた息子だったのですね。
おじいさんも「かまどはもう壊す」と宣言しましたが、壊す気力もなく放置され
親類の集まる機会も減って行きました。
寂しい感じで生活されていたようです。

月日は流れ、次男か三男の息子の一人が
亡くなった長男とうり二つに成長して、貴方は元気を取り戻しています。
転生して帰ってきたのだと、みな口を揃えて言います。
たしかにそっくりでした。

ですが、貴方の中で美化された子どもは
現実の子どものいたずらや、言うことを聞かない様子を見るにつれ
「やはりこの子じゃない」と口に出すようになります。
そして、子どももなんとなく寂しさが伝わったのか、
だんだんと家を訪問する機会は減って行きました。

晩年まで貴方はずっと、またあの子が転生して会えるといい続けていたようです。
生まれ変わった子どもに会うという信念があったようでした。



今生では母子として再会されていました。
自分の身の回りにいる人は、少なからずこういう縁を持った人なのかもしれませんね。

Comment

 秘密にする

最近知り合った男性の妹と私が同じ名前で、その人の父親と私の祖父が同じ名前でした。占いでは前世で知り合ったからまた現世でも知り合えたと言われたので、なんとも不思議な感じです。
えま | URL | 2014/10/24/Fri 23:14[EDIT]
>えまさん
実はそういう話、ほかにもあります!
極稀ですけど、あるんですね〜
なんだか不思議です
紫音 | URL | 2014/10/25/Sat 00:15[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.