見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

コノハナサクヤヒメ
ほっほほ

わらわはその仕事、仕事の度に働きとして
ほかの者にも、ほかの場所にもまた見えよう
これまでと異なって見えるのなら、それはこれまでとは
違った働きをするために、性質が変わっているだけじゃ…

人にも、怒り、悲しみ、喜びに身を焼き
まるで別人のように見えることがあろう
じゃが、それは見かけだけのあくまで表面的なもの
永遠に真の性質は変わることはない。

今、それぞれが隠されたものを明るみに出し
残った重みのある現実と向き合う
自然ならば、歪みは正され、あるべく姿に戻されよう

人ならば直視してこなかった己の隠された歪みを前に
素直に受け入れ、己を変えねばならぬだろう

それが肉にも現れるのならば病として現れもする
全てはつじつまの合う方向性へと向かっていることじゃ

個々の流れはより大きな流れに包括される

自分を見失わずに己の隠された歪みを洗わねばなあ
現実につまづくとき、うまく行かぬとき
必ずそこには自身の知らなかった部分にある歪みがある

知りつつも認めずにいた歪みがある。

神々の心を知るにつれ、歪みは露見し
手放さざると得ないだろう

そうして1つ1つ荷を卸し、あらゆる人、あらゆる生命が
素の歪みのない状態へ近づこうとするのが今じゃ

このことを胸に置き、動くがよい
これがそちへの助言じゃな


ほーっほほ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.