見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

コノハナサクヤヒメ
ほっほほ

月日は過ぎてもいっこうに変わらぬものもあれば
目先に囚われて、本質を見失うこともある。

世も過ぎ、人も変わり、もう変わったものよ
これまでの生活の中で持った安寧や、既存の展開は夢幻に過ぎぬ

新しい生き方への転換を迫られている時に
これまでと同じくは生きられはせぬ

ならば自身のできる限界を見てみるがよい
結果は常に、動き切ったものへ目に見える形で現れる。
微動だにしなかった者は、目に映ることのない小さな変化でしか
現れることはないものよ…

ほっほほ

全力で動き切ることの楽しさ、結果を見ることを心待ちにする気持
どんどんと進む空気を体験したであろう

そなたが本当に欲しいと思ったのは人生を変える速さの感覚そのもの

それを今経験し、次々にやってくる風にのるように
うまく乗りこなせているはずよ

その感覚を生かすことが出来るのは、次じゃな
速さの感覚、物事をのりこなす要領
これらは次の中に生かされる
だからして、今ここに在る

目に見える変化は次々とやってくるだろう
今ですら、動き続けているからじゃ

その流れを見失うことなく乗り続けることで
魂ではなく、魂の本質そのものが行きたがっていた場所へとたどり着けるだろう
そう、遠くはない

いずれにしても、この速さの感覚を楽しめば良い
自身の生活や仕事にもっと変化をと望んだ者なら
その度量をもって乗りこなすことはできる

正しい世にいるか、否か
それを見つける答えは、ごく簡単なことよ
願っても時が止まったようであるときには何か未解決なことがあるからぞ

正しくない答えを考えてもありはせぬ
今、足元にある石が邪魔しているだけじゃ

進め、進めばよい
この速さについていききれる者はわずか
多くは知りもせぬかのように、
己の意識下でついてゆくだけぞ

意識して、心に留め、知りながら乗りこなす者は
この速さの中でも多くの貴重なものを見つけ出す時よ

楽しみにしておるが良い
この速さの果てに、何が見えるのか

ほっほほ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.