見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天鈿女命
愛情を深く持つ者は、物や人に感化されることなく
何に対しても許容し、その姿で周りを変えてゆくものだ

やかましく変化を迫るよう言い続ける者もあれば
さような生き方をする者もある

愛情豊かな者は、心が豊かであるゆえに
他の者へも同じことができる
路を誤った者があっても責めることなく
穏やかにその者も助け、見守るだろう
生き方の違いが理解できるならば幸いぞ

これだけ世は変わっておると言うに
己、己のことばかりでせめて己の周囲にいる人々へ
目を向けることもできぬのか?

愚痴、不満、批判、他人への攻撃を止めぬ者
みな同じよ
愛情なしに生きてきて、さらに己の力で内にある愛情を見いだすこともできぬ者よ

どんな環境であれ、見いだせる者もあるというに。
人や周りに何かしてもらい、
人に何かを期待しようと、人任せであったゆえに
実りにならぬと他人を恨む者ぞ

さような己自身の枠から出れぬものたちと
己の枠から出でて、自由に生き始めた者たちの間には
自然と交流も失われて、分かれてゆくだろう

重さの違う水に層が出来る如くよ
交わることはもうなかろう
さよう、我が申すのは既に混在していられる時は過ぎたということぞ

大きな力が加われば
層に分かれる水もそのときは同じ位置にあるが
分かれ、分かれて層に戻るのが道理

誰かに何かを期待している時代ではないのだ
己の内に自身で何を見いだし、真実とするか
それにより、その者が次に開く扉の先は
大きく変わるはずよ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.