見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニニギノミコト
人の子らが、変わったと自覚するとき
周りの不正に対しても
同じように変わることを望んでしまうのが道理よ
ただし、皆が皆、同じ位置にいるとも限らぬゆえ
進まぬと思うことはない

そらすらも、ひとつの自然な姿と言えような

己の本慨を思い出すに過ぎぬ
誰であれ、何かをするために今の生を受けたのならば
何か、何かと気がせいて、周りに目をやってしまうものだ

本来は他のことであったやもしれぬな

遠い遠い先々も、遠い遠い過去も
ひとつの面の上にあり
異なった見え方をするだけよ
相互に関わりを持ち、ここに在る

ならば変わらぬことは今このときだけに目をやっても変わらぬだろう
他の面にあっても、同じ問題を抱えるものだ

物事は一面だけ見ても変わらぬ
一歩引いて、広い視野で見極めようとする心よ
いつしか根本的に変えねばならなかったことを知らせる

今、目前に在り取り組んでいることの中では
何であるか…
人ぞ

人心が一つの方向を向いていなければ
それぞれが違う動きをする
では、皆が同じ方向を向かせるにはどうすれば良いのか…

はっきりした明確な展望を掲示し
一人ひとりがどう、そこまで向かうことができるのか示すまで。

どこへどうやってと示す人間が足らぬのであろう
さてさて、いかにして人がその場所へ呼ばれるのか…
分かったであろうか

はっはっは…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.