見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニニギノミコト
人の心は知らずとも、そのものの行いを見れば全て理解できよう
空想の言葉など、虚ろなものぞ

言葉で人の心を真に掴めるか、否じゃな
行いを見て、人は知るものぞ…

行わずして言葉だけではどうにもなるまい
虚ろな言葉とか持たぬものなぞ放っておけばよいのだ…

行ってこそ見えるものが、そのもの自身にもある
動いて初めて知るもの
その体験こそが真の知識を身につけさせ、成長を促す

体験を通じて知ることだ

多くは体験を通じて学ぶ時代を経て
知ることの時代になった

体験を通じて苦労して学ぶ時はやがて、人の移りかわりとともに
知ることへと変わったと言えような
知ることは頭ではなく、
魂で見いだすことに他ならぬ

いくら頭で考えていても
答えに結ぶつかないだろう

書を読みふけるより、体験で知るものぞ
体験は記憶を引き出し
自身を遠い源まで連れてゆくだろう

そういうものだ

人はすでに変わりつつあり、それを自覚するものも増えているからだ
変わったものは自身でそれを知り
未だ変わらぬものは、気づくことはない
これは選民ではなく、己自身で選んだことだ

新しい時代は今後数十年を経て
社会にも目に見える形で変革を与えるだろう
民はそのとき、誤った選択を持たず
常に皆の中で生き、摩擦を好まぬ

それがどういう世であるかな?

はっはは…

そうよ、見えぬ見えぬと言うておった世界に
一歩近づいた社会を持つということじゃな

はっはっは…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.