見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
陽の落ちる様を見て、人は何を感じるのおか
その日一日を終えた喜び、感謝か
あるいは明日への希望なのか、あるいは疲れか

夕の光は心を鎮め、夜、己のうちで
さまざまな出来事を見直す灯火となる

夕の光に出会ったとき、心に浮かんだ感情そのものが
今のその者の状態なのぞ

一日の終わりを夕の光で迎えるように
時として一つの節目を終える時にも
人の内には振り返り考える時が必要となるだろう

がしかし、節目節目に人生を区切って生きる意味を知らぬとき
その節目も意味を持たぬ

節目は終わりであり、はじめの時となる
締めくくりに描いた感情そのものこそ
今の自身であるならば
次の節目をどう生きてゆくか、考えることができる

考えて、考えて
次へと足を踏み出すことが、また成長に繋がるように
考えることには意義がある

心の中に浮かんだ感情は現実をも変えてしまうように

身軽となり、歩いてゆけ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.