見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

カンダライン
色々とご無沙汰中ですが、なぜか鑑定依頼だけは途切れることがなく…
本当にありがとうございます。

私は、というと仕事は大変忙しいのですが
そのペースにも慣れ、
「ホント、元気だよね」と日々言われてる始末です。
なんでそんなに元気なのと言われましても。

しかし、これから大きな仕事
1本で1000万に届く案件も動くので、また年末は残業かも。笑


 * * *


現在の仕事場はとても鎮守様と縁の深い会社で
空気感が違います。
オフィスのフロア全体どこでも神棚が見えるし、
オーナー自体も神社と縁の深い人。
なので、オフィスそのものがまるっと結界に入ってるかのような綺麗さがあります。

仕事に集中して無心になると
いろんな思いがすっと入ってきたり、届くのが普通かと思ってましたが
この会社にいると、遮断されているかのようになにもない。

…私にはこの仕事場自体が居心地いいんだな…と気がつきました。

それから、どうも神棚から覗かれてるような気配がふとする時があります。笑

先日のこと。

思いはその種類によって、届く場所が違うのですが
私の場合、心配/不安/混乱などは腰で受け取ります。
墓穴を掘ってヤライコッチャになった人が身近にいたため
…一日腰がコルセットにはめられたかのよう…

なんとなく、神棚に向かって
「仕事がはかどらないので、この思いを処分してください」と試しに言ってみたところ!

30秒ほど立った時、すーっと消えて行きました。
かかった時間も30秒ぐらいでしょうか。

え?まさかと思ってみたものの
さっきまでのセメント袋のような重さはまったくない。
席を立って、腰を動かしてみてもなんともない…
そっくりなくなってしまいました。

じーっと神棚を見ているとやっぱりそう。
オフィスが神棚経由で、神社と電話線ができてるような感じ。

友人によって「カンダライン」と名付けられました。笑

そのカンダライン、なんと吉さんも移動できることが判明し
だんだんと面白い展開になってきています。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.