見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
陽は去りて、夜の闇のうちに己の内を明るく照らすは
ただその者の志のみ

希望は他より放たれる光の中にはなく
己自身の内より出でて
そこに在るもの

然り
個人の「生きる」という言葉は
ただ漫然と生きるということではあるまい

そこに目標や目的が無くば
ただの生くる人形にほかならぬ

心の内に目標を持つ者は強くしなやかで
力を加えてもそうそうに折れはせぬものぞ

たやすく折れるは、見た目だけは強くあっても
柔軟ではなかったということよ
柔軟さは人を曲げはせぬ
あらゆる学びの機会に、己に新しい概念や気付きを取り入れ
人を排除もしない
それが本物の強さなのだろう

頑固さは時に強くも見えるが
それははりぼてに過ぎぬ

しなやかな心を育てるには、謙虚であるしかあるまい
人を見習い、己を振り返り
“私が、私が”と言わずに謙虚でいる者のことよ

何かを受け入れようとする心、それが
我らのような存在に時に
我らの意思や心を届けることができるかもしれぬと、
そう思うものよ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.