見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
静かに静かに心を定め
あれやこれやと思う心すらも鎮め
己を取り巻く時流を見た時、
全て理解しうることなのだ

広い視野、感情に囚われぬ心
明らかになるは真実のみ

人は感情に囚われ、嘘すらもつく。
どんなに正当化しようとて
嘘をつき己を高め、人を卑しめようとも真実は変わらぬ
ただ一つあるのみ

ゆえに今一人静かにしているとき何も思うことはない
欺瞞の者が朽ちゆくのを見るだけぞ…
感情に支配される者を相手にせず
一人考えさせねばならない

感情が膨れ上がり、人のせいにせずにはいられなくなったとき
その者はもう、この現世だけでは
支払いきれないツケを持つことになる

軽くあれ
囚われることなく、軽くあれ
こだわりも未練も人だけのもの
それから何か生まれるか?

感情を持つから人というならば
感情に囚われぬよう、生きる定めを持つのも
また人ぞ

路を誤ったと、素直に正せるものならば
可能性はある
認めぬものに可能性はない

Comment

 秘密にする

例えば、友人と喧嘩をして仲違いしたとして、相手を恨むだけで自分は絶対に悪くないと思うだけか、または自分も悪いところがあったな、と気がつくかは、まさに天と地の差があるという感じですね。

>感情が膨れ上がり、人のせいにせずにはいられなくなったとき
>その者はもう、この現世だけでは
>支払いきれないツケを持つことになる
こ、これは要は霊界の低層行き・・・ですかね。
この仕組み(法則)を知らずに生きている人の何と多い事か・・・と思うばかりです。
ともしむ | URL | 2013/11/27/Wed 18:26[EDIT]
きっと個人によって思うところもあるんでしょうね
一体、なぜこのメッセ?と思いましたけども。笑
紫音 | URL | 2013/11/29/Fri 22:27[EDIT]
Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.