見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ニギハヤヒノミコト
早く日は過ぎ去り、人は生の短さを知る
時を感じることは真、人の特権なのだろう
限られた時だからこそ、有益に過ごし
生きている間に、何かを成し遂げたいと思うのだ

無限に続く時間の中で生きるとき
人はこうまでして、己の存在意義、なすべきことについて考えはせぬ
限られた時と知るからこそ貴重であり
大切に使いたいと思うものなのだ

そのときを決めるは己の今の足元にある
今、何をしているか
今、何に関心を持っているのか
あるいは心の中でどんな展望を持ち
それに向けて動いているのか…

その方向をきちんと見定めていれば
時は有益に使えるだろう
無益であったと、人が感じるとき
そのときに必ず未来への可能性が見えぬところにいる

可能性は誰にでも持てるものであるがしかし
それを信じて行動するか否かは本人次第となろう

語る言葉は水のように流れても
人の心のどこかに残り、知らず知らずに思い出せればそれでよいものじゃ…

一つひとつ努力を重ねる者にあっては
可能性を先を信じることはたやすかろう
努力とは何か、何のためにという目的を持てないとき
そこには心を置けぬように。

人を動かすものとは何か
動機は何であってもよいものぞ
人を動かす情熱は時に可能性すらも超える
未だに、心を動かすものに気づかぬ者も多いものだ

今、心を傾けるものに出会い知るならば
力を傾けるがよい
心を預けるがよい

己の人生の結果そのものを実証として
後に残せばよいのだ
今、その結果を待つ必要はない
ゆっくりと長い路を歩くとき、遠くをみやるように
歩くのがよいのだ

Comment

 秘密にする

くぅ〜〜〜〜っ。
沁みます。。。。。
いつもありがとうございます。
しぶや | URL | 2013/10/08/Tue 22:58[EDIT]
いえいえ。なにかピンを来られるものがあるのなら
このメッセはあなたのものですよ
紫音 | URL | 2013/10/08/Tue 23:12[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.